お金・ローン・税金・相続について

将来のお金
賃貸住宅に住んでいて、不動産購入を検討している場合、必ず訪れる2年に1回の賃貸更新問題。具体的に「見える化」してみましょう。
住宅ローン
銀行はあなたの味方でしょうか?銀行が貸してくれるからといって、あなたの人生を保証してくれるわけではありません。住宅ローンを組む方は是非お読み下さい。

性能向上リフォーム工事費に助成金
人口が減少していき、空き家問題が深刻化していくであろう令和時代。 政府は、中古住宅の流通を促進するために、長期優良住宅化リフォーム推進事業で後押しをしています。長期優良住宅化リフォーム事業について解説していきましょう。
親の土地に家を建てる時の税金は?
家を建築する際、ご自身又は配偶者の親御さんが所有している土地を使うことが出来れば、土地の購入代金がなくなり、負担が少なくて済みますね。親御さんも、子供たちが不動産を活用してくれれば安心です。それでは、その時、贈与税・相続税等の税金はどうなるのでしょうか?

住宅ローン繰り上げ返済と相続
「住宅ローンについて、手元にお金があるなら早く繰り上げ返済したほうがいい」とよく言われていますが、相続という視点から見ると、どうなのでしょうか?
住宅ローンとクレジットカード
金融機関は、契約の可否を判断する為、住宅ローンの申込者に対して、過去にクレジットカード等の延滞履歴がないかといった情報を調べます。そうした情報をクレジットカード会社が、どのように集め、どのように使っているのかをご存知でしょうか?!

耐震改修の補助制度が使えない!?
中古戸建住宅の購入を検討する場合、耐震診断等のインスペクション(建物状況調査)を行い、その結果を踏まえた耐震改修工事を前提として計画を組む必要があります。注意点について解説していきましょう!
中古住宅の取引は仲介会社選びが重要
先日、「中古住宅と住宅ローン減税」というテーマで注意点を解説しましたが、本日は、「中古住宅の取引と不動産仲介会社」というテーマで、もう少し深掘りしてみました。

住宅ローン減税の失敗事例
住宅ローン減税の失敗事例をご紹介致します。築50年の木造中古戸建てを購入し、フルリノベーションする計画でした。不動産購入の段取りを依頼した不動産仲介会社が、住宅ローン減税について、お客様に、丸投げ状態だった為、お客様ご自身で制度を一から調べていたそうです。その顛末は?
中古住宅で住宅ローン減税の注意点
確定申告の時期がくると、住宅ローン減税についての問い合わせが増えてきます。理由は、弊社、江戸川不動産情報館は、住宅ローン減税や耐震基準適合証明書についての情報配信をしているので、他社で取引をした消費者が、藁をも掴む思いで問い合わせてくるのです。それでは、注意点について解説していきます。

さらに表示する