住宅ローンの金利はいつ決まるのかをご存知ですか?

住宅ローンの支払い

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日のテーマは「住宅ローンの金利はいつ決まるのか?」です。

参考にして下さい。

住宅ローンの金利はいつ決まるのか!?

不動産を購入する時には、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。

例えば、4,000万円の物件を購入して、諸費用400万円、自己資金800万円だとすると、住宅ローンの借入額は3,600万円です。

 

3,600万円を35年ローン・35年間の固定金利1.5%で借入したとすると、毎月の支払い額は110,226円、元金・金利の支払い総額は46,295,087、金利の総支払額は10,295,087円となります。

 

仮に0.1%金利が高いと、111,998円/月、元本・金利の支払い総額は47,039,296円、金利総額は11,039,296円となり、0.1%の違いで744,209円の差額が生まれるということです。

 

約75万円ですから、けっこうな金額ですよね。

 

それでは、不動産を購入する時の金利はいつ決まるのでしょうか?

住宅ローンの金利は融資実行日に決まる

住宅ローンの金利は融資実行日に決まります。

融資実行日とは、売主に物件残金を支払って、引き渡しが行われる日の事です。

不動産の売買契約後、様々な手続きを行っていき、融資の実行日を迎えることになります。

この間の期間は、物件が完成済みで、かなり急いで1ヶ月、一般的には1ヶ月半~2ヶ月くらいです。

売買契約から融資実行日までのタイムスケジュール

購入したい物件が決まり、買付証明書を提出、無事、諸事の交渉もまとまり、売買契約を締結する運びとなりました。

その後のタイムスケジュールを解説していきましょう。

①不動産の売買契約

不動産の売買契約時には、宅地建物取引士による重要事項説明書の説明、不動産売買契約書・その他の添付書類の確認を行い、その後、買主は売主に手付金を支払います。

売主・買主は、仲介手数料の半金をそれぞれの仲介業者に支払います。

 

※仲介手数料の支払いは融資実行日に一括という場合もあります。

②住宅ローン事前審査(1~2週間)

最近では、買付証明書を提出する際に、住宅ローン事前審査の承認がない場合、そもそも申し込みを受けてくれない事も増えてきました。

 

不動産売買契約の特約で「住宅ローン特約」というものがあります。

この特約は、売買契約を締結後、住宅ローンが否決だった場合は白紙解約となるというものです。

 

買主は、この「住宅ローン特約」に守られており、ローン審査が否決の場合は、手付金も返金され、違約金もありません。

 

ということは、売主側からすれば、住宅ローンの審査の承認がない買主との契約はリスクになるわけです。

 

ちなみに、「住宅ローン特約」は、住宅ローンの本申込の承認が条件となっております。

事前審査は、あくまでも事前の審査ですから、本承認が受けられるわけではないのです。

 

実務的には、ネット審査ではないメガバンク・地銀等の窓口経由による事前審査の承認がうけられれば、売買契約をすることが多いです。

 

フラット35のネット経由の事前審査は確度が低い為、売主側が申し込みを受けてくれない事が多いので注意が必要です。

フラット35を利用する事が確定している場合は、売買契約の締結をする前にフラット35の本申込をしておきましょう。

 

【所要期間】

住宅ローンの事前審査の審査期間は、1~2週間くらいが一般的です。

本申込の審査期間は、2週間くらいです。

③住宅ローン本申込・各種手続きの手配(2週間~1ヶ月)

売買契約を締結したら、住宅ローンの本申込を行います。

フラット35の本承認を受けている場合でも、購入物件の変更・融資金額の増額がある場合は、改めて本申込を行います。

 

リフォーム費用の確定・瑕疵保険・耐震基準適合証明書・フラット適合証明書等の手配も同時に進めなくてはなりません。

 

【所要期間】

住宅ローンの本審査の審査機関は2週間くらいです。

但し、書類の不備や確認事項があったりすると期間は延びます。

 

リフォーム費用等の各種手配は、業者によってまちまちですが、融資実行日に向けて着実に進めていく必要がありますね。

④金銭消費貸借契約の締結

住宅ローンの本承認が通ったら、融資実行日の前に借入する金融機関と「金銭消費貸借契約」を締結します。

よく勘違いされるのが、金利の決定がこの「金銭消費貸借契約」のときだと思ってらっしゃる方がいらっしゃいます。

 

一般的には金利は「月に1度」改定されます。

月初に金利が変更されて、その月に融資が実行される場合は、月初の金利が融資実行日の金利となります。

注意しなければならないのが、月末付近で融資実行日を設定していて、急きょ翌月に日にちがずれてしまうケースです。

 

金利は必ず変わるわけではありませんし、下がる事もあります。

しかし、融資実行日が翌月にずれ込んでしまって、金利が上がってしまった場合は、上がった金利で融資は実行されるわけです。

 

その為、この注意事項は必ず買主に説明しておく必要があります。

そして、余裕を持ったタイムスケジュールを組むことが重要です。

⑤融資実行日(残金決済・引き渡し)

融資実行日には、各種支払いを行います。

・売主に売買代金の残金の支払い

・不動産仲介業者に仲介手数料の支払い

・司法書士に登記費用の支払い

・保険会社に火災・地震保険料の支払い

・その他諸費用の清算

 

各種支払いが完了すると、鍵の引き渡しが行われて、買主が物件の所有者となります。

融資実行後、司法書士が登記所に登記の手続きを申請しにいきます。

 

さて、今回のテーマである「住宅ローンの金利の確定」は、この融資実行日になるわけです。

新築物件の場合、物件が完成しないと、当然、融資の実行は出来ないわけです。

新築の分譲住宅(建売住宅)で建築期間は早くても4ヶ月、注文住宅だと土地の契約から融資の実行まで1年かかることもあります。

注文住宅のタイムスケジュール関連記事はこちら

 

新築マンションの場合は、戸建より建築期間は長いですから、金利の確定までは時間がかかるわけです。

まとめ

住宅ローンの金利の確定日について解説してきました。

売買契約締結から融資実行日までのタイムスケジュールを整理すると、物件が完成済みであれば、早くて1ヶ月ほどで融資の実行となります。

一般的には、1ヶ月半から2ヶ月くらいが通常です。

 

金利は支払い額を左右する大事なポイントですが、もっと大事な事は余裕のある住宅ローンを組むことでしょう。

金利が上昇しても、ある程度余裕を持たせておけば、金利の動向にそこまで気を揉むことも少なくなります。

その為には、物件から選ぶのではなく、不動産会社から選んで、しっかりとライフプランニング・資金計画から始める事をお勧め致します。

 

不動産会社の選び方はこちらから

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

不動産バイヤーズエージェントは、あなたの為の不動産代理人です。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


全国マンションデータベース

気になるマンションの資産価値がわかります

全国14万棟のマンション情報が確認出来ます!

【確認出来る情報】

・物件概要・マンション偏差値

・クチコミ・推定売却価格

・中古販売履歴、相場・過去の賃料履歴、相場

and more


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。



フォームから相談依頼

「家を買うなら知っておきたい情報レポート」をご希望のお客様は、メッセージ欄に「レポート希望」と入力して送信して下さい。

メモ: * は入力必須項目です