ブログカテゴリ:相続



親の土地に家を建てる時の税金は?
家を建築する際、ご自身又は配偶者の親御さんが所有している土地を使うことが出来れば、土地の購入代金がなくなり、負担が少なくて済みますね。親御さんも、子供たちが不動産を活用してくれれば安心です。それでは、その時、贈与税・相続税等の税金はどうなるのでしょうか?
住宅ローン繰り上げ返済と相続
「住宅ローンについて、手元にお金があるなら早く繰り上げ返済したほうがいい」とよく言われていますが、相続という視点から見ると、どうなのでしょうか?

遺留分ってご存知ですか?
相続シリーズ「遺留分」編です。解説していきましょう!江戸川不動産情報館コンノヒデキより
相続登記が一部無料
平成30年度の税制改正により、相続による土地の所有権移転の登記について、一部無償となる免税措置が設けられました。解説していきましょう。

相続が変わる
今回の改正で新たに「配偶者居住権制度」が創設されました。 但し、実際には諸々の付随課題が出てきてしまうようです。解説していきます。江戸川不動産情報館コンノヒデキより
遺言
民法の中で「相続」に関する規定が改正されます。 これは相続時の配偶者の年齢が高齢になっていることから、配偶者の生活に配慮する観点から改正されることとなったようです。 本日は、2020年にひかえる民法改正について解説していきます。 参考にして下さい。江戸川不動産情報館コンノヒデキより

遺言書
相続が発生してしまった場合に、残された相続人にとって非常にありがたいことのひとつが「遺言書」の存在です。特に不動産をお持ちの方は、遺言書を残されておくと、万一の場合にもご家族の方の負担を減らすことができます。お子様が小さい、又は未成年の場合には…江戸川不動産情報館コンノヒデキより
不動産の持ち分はどこへ
Aさんは、お父様とお父様の再婚相手である継母の3人で仲良くお暮しでした。 ところが残念なことに高齢となった継母が体調を壊し、お亡くなりになってしまいました。 慌ただしく葬儀や法要を終え、いざ銀行や不動産の手続きをしようとしたところ、思いがけないトラブルが発生しました…どういう事でしょうか?江戸川不動産情報館コンノヒデキより

未成年の相続
不動産は共有すべきではないと言われています。子供が未成年の場合、母親と子供の二人だけが相続人の場合ですと、共有状態になってしまうことが多いです。それを回避する方法とは?江戸川不動産情報館コンノヒデキより
相続による共有に気を付けて
一般的に「不動産は共有するな」と言われています。 処分や管理が複雑になるためです。 ただし、意図せずに不動産が共有化してしまうケースがあります。解説していきます!江戸川不動産情報館コンノヒデキより

さらに表示する