相続が変わる。不動産は「所有」と「居住」へ

相続が変わる

江戸川区 不動産エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

本日は「相続が変わる」というテーマでお届け致します。

参考にして下さい。

相続が変わる?

先日、日常生活や相続と大きな関係がある「民法」が改正され、相続法の分野の改正があることをお伝えしました。

 ☆2018/12/05 2020年民法が改正されるのはご存知ですか?

 

配偶者居住権制度

今回の改正で新たに「配偶者居住権制度」が創設されました。

 

こちらの制度により、不動産を共有するのではなく、不動産の価値を「所有権」と「居住権」分割できるため、相続手続きがスムーズになることを見込んでいます。

 

しかし、実際には、居住権の価格をどのように判定するのか、居住権についても別途登記が必要になってしまうことなど、諸々の付随課題が出てきてしまうようです。

課題は?

「居住権」の価格判定について、法務省では「簡易な評価方法」という手法を提示しています。

 

<法務省>http://www.moj.go.jp/content/001263589.pdf

 

建物の「耐用年数や築年数」と配偶者の「平均余命」、法定利率をもとに、あと何年で建物の価値が「0」になるかを簡易的に割り出し、居住権の価格を算定するという方法です。

 

ただし、この評価方法はあくまでも法務省からの提示にすぎません。

相続人の間で合意が必要

この評価方法は、平均余命や一般的な建物の耐用年数を基準にしていますので、配偶者の健康状態や、建物の状態によっては、居住権は「もっと高い」又は「もっと安い」などの争いが生じてしまうことも考えられます。

登記も必要となる

また、実際に居住権を取得した場合でも、きちんと「登記」をしなければいけません。

 

ただでさえ相続登記自体が放置されているような状況にある今、相続登記に加えて配偶者居住権登記を行うことがきちんと浸透するのか。

 

スムーズに実務が運用されるのか、考えることは多くなりそうな印象です。

 

権利義務意識の高まりなどもあり、相続手続きがスムーズに進まないケースも増えているようです。

大事な事は準備しておくということ

残されるご家族の為に、揉め事とならないように事前に準備する事が大事です。

 

不動産を所有された場合には、相続手続きがスムーズに行われるよう、遺言書を作成しておくなど、問題が複雑化しないように心掛けておくことをおすすめいたします。

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。


希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。