気を付けたい「相続による不動産の共有」江戸川不動産情報館

相続による共有に気を付けて

こんにちは!

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館です。

 

本日のテーマは「相続による不動産に気を付けて」

参考にして下さい。

相続による不動産の共有

一般的に「不動産は共有するな」と言われています。

処分や管理が複雑になるためです。

ただし、意図せずに不動産が共有化してしまうケースがあります。

相続が発生すると自動的に相続人の共有状態

遺産分割協議

それが相続です。

 

相続が発生すると、不動産は自動的に相続人の共有状態となります。

 

これを誰かひとりの名義にするためには、遺産分割協議をしなければなりません。

相続人が母と子だけ、という場合には問題となるケースは多くありません。

それでも、お子様が海外勤務で手続きが進まないといったケースや、お母様が認知症を患ってしまい手続きが進まないといったケースもあります。

 

他方、お子様がいないご家庭で相続が発生すると大変です。

相続権が兄弟に?

お子様のいない方について相続が発生した場合、その相続権はたいてい配偶者と兄弟へと相続されます。

 

さらに、その兄弟が死亡していた場合には、その子供が相続人となります。

 

亡くなった旦那さんの相続手続きをするために、甥っ子と遺産分割協議をしないといけないといった事態が発生します。

最悪、ハンコ代の請求も

甥っ子さんが小さいころは顔を合わす機会があっても、大きくなってからは久しく顔を見ていないというケースも多いのではないでしょうか。

 

そうなると、何十年ぶりの甥っ子への連絡が「遺産分割協議書にハンコを押して、印鑑証明を送ってくれ」ということになります。

 

連絡する方も気が進まないかと思いますが、連絡をもらう側も気持ちがいいものではありません。

 

話がこじれてしまうケースでは、ハンコ代の請求があったり、最悪の場合には裁判も、といった話もなくはありません。

 

不動産を所有している方は、「うちは大丈夫だろう」は禁物です。

 

残される家族のために、少しでも負担を減らすよう準備をしておきましょう。

遺産相続の順位

相続の順位

第一順位 直系卑属(子・孫)【相続分:配偶者1/2 子1/2】

第二順位 直系尊属(父母・祖父母)【配偶者2/3 直系尊属1/3】

第三順位 兄弟姉妹 【配偶者3/4 兄弟姉妹1/4】

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
資産価値重視の家探しがわかるセミナー開催してます!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
買い手に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店
既存住宅売買かし保険 案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!