ブログカテゴリ:住宅ローン減税



中古住宅の取引は仲介会社選びが重要
先日、「中古住宅と住宅ローン減税」というテーマで注意点を解説しましたが、本日は、「中古住宅の取引と不動産仲介会社」というテーマで、もう少し深掘りしてみました。
住宅ローン減税の失敗事例
住宅ローン減税の失敗事例をご紹介致します。築50年の木造中古戸建てを購入し、フルリノベーションする計画でした。不動産購入の段取りを依頼した不動産仲介会社が、住宅ローン減税について、お客様に、丸投げ状態だった為、お客様ご自身で制度を一から調べていたそうです。その顛末は?

中古住宅で住宅ローン減税の注意点
確定申告の時期がくると、住宅ローン減税についての問い合わせが増えてきます。理由は、弊社、江戸川不動産情報館は、住宅ローン減税や耐震基準適合証明書についての情報配信をしているので、他社で取引をした消費者が、藁をも掴む思いで問い合わせてくるのです。それでは、注意点について解説していきます。
消費税増税と住宅ローン減税
来年(2019年)10月に消費税が8%から10%に引き上げられます。政府は、駆け込み需要や反動減を防ぐ為、住宅ローン減税の拡充を検討しているようです。はたして、住宅ローン減税が拡充した場合、消費増税の前後、どちらで住宅を購入した方がお得なのでしょうか?解説していきます。

消費増税対策
政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入ったようです…江戸川不動産情報館コンノヒデキより
耐震基準適合証明書と住宅ローン減税・築20年超え木造住宅
取得したい建物の状況別で耐震基準適合証明書を取得するための流れや判断のポイントなどを解説したいと思います。中古住宅の取引に詳しい(建物性能や耐震性も含む)仲介会社に依頼しないと、住宅ローン減税が利用できない事態に陥る可能性が高いということです。江戸川不動産情報館コンノヒデキより

耐震基準適合証明書と住宅ローン減税 【旧耐震の場合】
築20年以内か、築20年超えかは住宅ローン減税が利用できるかどうかの判断になりますが、木造戸建ての場合は、新耐震か旧耐震かでも大きく判断が異なります。旧耐震戸建ての取引は注意が必要です…江戸川不動産情報館コンノヒデキより
中古住宅を購入する際の注意点【2×4住宅の場合】
同じ木造住宅でも2×4工法の住宅は耐震の判断が異なります。 ここでは、2×4工法の住宅を取引する場合の注意点をご説明します…江戸川不動産情報館コンノヒデキより

中古住宅を購入する際の注意点
建物の状況別の対応シリーズです。 築20年以内の木造住宅は築後年数要件に抵触しないため、住宅ローン減税が目的であれば特に行うことはありません。ただ、今後の維持管理を考えると、見極めるポイントがありますので、今回は築20年以内の物件を取引する場合の注意点を解説いたします。江戸川不動産情報館コンノヒデキより
気を付けたい住宅ローン減税のチェックポイント
住宅ローン減税のチェックポイントで見落としがちな「建物の種類」について解説していきます!江戸川不動産情報館コンノヒデキより

さらに表示する