· 

令和の不動産購入は「資産価値が減りにくい住宅」

築年数による価格の変化

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

昨日、一昨日と「令和の不動産購入シリーズ」をお送りしました。

令和の不動産購入は不動産エージェントと一緒に

令和の不動産購入は不動産テックと一緒に

 

本日は、人口減少が加速していく令和時代において、住宅購入の重要な判断基準となってくる「資産価値」について解説していきましょう。

参考にして下さい。

不動産の将来の資産価値

不動産・住宅を検討する上で、意外と盲点なのが、資産価値についてです。

新築物件と中古物件を比較した時に、新築物件の方が新しいから、中古物件よりも「将来の資産価値」が、維持されると考えていませんか?

不動産の資産価値を意識していますか?

資産価値とは、そもそも何の事なのか?

資産価値とは、「物件の価値」のこと。

 

「物件の価値」とは、その時の「土地と建物の価値の合計」です。

 

「そんなの当たり前じゃあないか!」とおっしゃらないで下さい。

これが、意外と意識されていないのです。

 

不動産を購入した時は、当然、購入価格を意識しています。

それはそうです。購入価格に対して、頭金として自己資金を入れて、足りない分は、銀行から借り入れして、売主に支払います。購入価格がわからず、不動産を購入する事はあり得ません。

不動産の資産価値とは

購入時点での資産価値については、皆様、把握しているわけですが、その資産価値、例えば、仮定の話ですが、万が一、購入後、すぐに転売した場合の資産価値を考えた事はありますでしょうか?

 

えっ?

そんな購入したばっかりなのに転売なんてしないから、そんなことは考えないよ!

 

はい、仰る通りです。

でも、そのあり得ないことの延長線上にあるのが、ご自身の不動産の「将来の資産価値」なのです。

不動産の資産価値を意識した買い方

新築物件の資産価値の推移

上記の表の通り、新築で購入したあとの住宅の市場価値は、2年経過すると、1割が毀損されることがわかっています。極論を言えば、買った瞬間、1割が毀損すると言っても良いでしょう。

このデータは平均値ですから、だいたいの不動産の市場価値は、買った瞬間に、2割が毀損してしまいます。

 

それでは、この現実を受け止めて、資産価値を意識した不動産購入についてご提案致します。

住宅ローンを「消費」ではなく「貯金」とする不動産の買い方

築年数による価格の変化

これは、「AさんとBさん、二人の物語」です。

 

Aさんは、新築マンションを4,000万円で購入しました。

15年間住んで、2,100万円で売却。1,900万円で15年間住んだことになりますから、月々のコストは10.5万円でした。それと、ひとつ問題が金利 2.5%、30年間ローンを組んでいましたので、売却時に2,490万円の残債がありましたので、400万円程度の残債が残ってしまいました。

 

一方、Bさんはというと、Aさんのマンションを2,100万円で購入して、500万円のリフォームを実施して、15年間住んだあと、2,000万円で売却しました。初期費用(2,100万円+500万円)-売却価格2,000万円=600万円で15年間住んだことになりますから、月々のコストは3.3万円でした。Aさんと同じ条件でローンを組んでいましたが、売却時の残高は1,620万円でしたので、手元に380万円が残り、ラクラク住み替え出来ました。

令和の不動産購入は貯金になる家を選ぶ

新築物件は、購入金額の10%~20%を購入時に瞬間的に毀損してしまうとご説明しました。

 

わかりやすく言いますと、マンションは築15年、戸建ては築20年にかけて、物凄い勢いで資産価値を減らしてしまうのです。これは、実に贅沢な買い方です。住宅の資産価値はある程度の年数で底を打ち、その後は、緩やかに推移していく事もわかっています。しかし、残念ながら、現在の住宅業界は、「消費する買い方」である新築物件に、消費者を誘導しているのが事実です。

 

また、この「消費する家」である新築物件は、不動産営業マンにとって、とても魅力的な「儲かる物件」でもあります。こちらのご説明は、次回にさせて頂きますね。

 

令和の不動産購入は、不動産の資産価値を意識した「貯金になる家」を選択しましょう。

 

令和の不動産購入の関連記事はこちら

資産価値の関連記事はこちら

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。