· 

令和の不動産購入は不動産エージェントと一緒に

令和の不動産購入は不動産エージェントを活用する

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

2019年5月1日、元号が「平成」から「令和」に改元されました。

本日は、令和時代の不動産購入は「不動産エージェントと一緒に」というテーマでお送りします。

参考にして下さい。

令和は不動産エージェントと一緒に

祝福ムードに包まれた平成から令和への改元。

しかし、令和時代の日本の不動産市場は、決して祝福されたものではないかもしれません。

人口減少時代の不動産購入

人口減少予測

上記生産年齢人口推移表をご覧下さい。

生産年齢人口は「20~64歳人口」ですので、50年後には3,000万人減少する予測です。

需要と供給の観点から、需要が減るという事は、不動産が売りづらい状況が考えられます。負ける不動産と書いて「負動産」になる可能性があるのです。

不動産購入層はどうなる?

不動産購入層の減少

初めて住宅購入をする年齢は37歳±5歳前後と言われています。

上記の表をご覧頂きますと、住宅購入者層である30~40歳が、平成26年10月時点のデータですが、1,812万人から15年後には約1,348万人となり、実に約25%減少するという事になります。

15年後には25%が減少する頃、お子様の独立等により、家庭の住宅環境が変わる時期に、購入者層が減少してしまうということなのです。

人口減少で空き家問題も深刻化

空き家の推移

野村総合研究所が発表したデータによると、既存住宅の除去や住宅用途以外への活用が進まなければ、2033年には空き家数は2170万戸程度まで膨らみ、空き家率が30.4%まで上昇すると予測しました。

上記の図の通り、平成25年(2013年)の統計では全国で820万戸、空き家率13.5%でしたので、20年間で倍以上空き家が進行してしまう恐ろしい予測です。

立地適正化計画をご存知ですか?

コンパクトシティ立地適正化計画の概要

立地適正化計画でコンパクトシティにしていくのが、「立地適正化計画」です。

立地適正化計画は、都市再生特別措置法に基づき、市町村がつくる計画です。

平成29年7月1日時点で全国348の自治体が立地適正化計画の作成を行うことを表明しており、125の自治体で具体的な取り組みが公表されています。

これからは立地選びが重要

住宅を新築して、住まなくなったら(住めなくなったら)悪くとも二束三文で処分する…戸建の場合は悪くとも土地代くらいは現金化できる、それがこれまでの住宅業界の常識でした。

しかし、不動産は、買い手や借り手がいなければ現金化できません。

負動産

ご自身の不動産が、現金化できないだけでなく、維持費や税金がかかり続ける「負動産」となる事を避けなけらなりません。

人口減により利用者が減ると電車もバスも廃線を余儀なくされます。

駅徒歩圏内で十分検討できるのに、あえてバスが来なくなった住宅団地を選択する人はいなくなります。

大型ショッピングセンターの周辺に造成された街も要注意です。

ショッピングセンターが撤退したら途端に不便な立地となってしまうからです。

失敗しない住宅購入のためには、物件選びの前にまずは立地選びが大切なのです。

令和時代の不動産購入注意点

令和時代の不動産・住宅購入の注意点は、人口減少社会であるという事です。

人口減少社会は、少子高齢化と空き家問題を抱えています。その為、「資産価値」を重視した姿勢で不動産・住宅を購入しなかった場合、先程もお伝えしましたが、「不動産」ではなく「負動産」を所有してしまう可能性がある事を頭に入れておきましょう。

不動産バイヤーズエージェントと一緒に

不動産バイヤーズエージェントは、不動産営業マンと違い、「売り込み」という発想がありません。

買主に徹底的に寄り添う「買主の為だけの代理人」が不動産バイヤーズエージェントです。

 

不動産バイヤーズエージェントは、ネガティブ情報も惜しげなく公開します。ネガティブ情報をお伝えしたら、契約とならないかもしれません。しかし、売る事だけを「第一義」とするのではなく、将来にわたって、買主様とそのご家族が「資産価値が減りにくい不動産」で幸せな人生を築いていく事が「第一義」なのです。

まずは不動産の勉強をお手伝い

不動産営業マンは、物件の紹介屋である事がほとんどです。物件を紹介して、とにかく契約を成立させる。そして、出来るだけ売上が上がる不動産営業マンにとって都合の良い物件を紹介するのです。

 

まずは、買主様自身も不動産について詳しくなって下さい。買主様自身にとって都合が良い物件を選ぶためです。江戸川不動産情報館は、その為の勉強会を開催しています。「売り込み」は一切ありません。ご満足いただけない場合は、その後、一切の連絡をしない事をお約束しています。

ご興味のある方はこちらへ

 

不動産バイヤーズエージェントについてはこちら

不動産バイヤーズエージェント関連記事

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


フォームから相談依頼

「家を買うなら知っておきたい情報レポート」をご希望のお客様は、メッセージ欄に「レポート希望」と入力して送信して下さい。

メモ: * は入力必須項目です