令和の不動産購入は不動産テックと一緒に

不動産テックはAIを活用

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

昨日は、令和の不動産購入は「不動産エージェントと一緒に」というテーマでお送りしました。

不動産エージェントと共に、令和の不動産購入をご検討時にご活用頂きたいのが、「不動産テック(リアルエステートテック)」です。

解説していきましょう。

令和は不動産テックと一緒に

○○テックという言葉は、もうだいぶ一般的になってきました。

例えば、フィンテック(FinTech)、これは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。AI・ビッグデータ・ブロックチェーン等のIT(情報技術)を活用して、金融の利便性を革新的に良くしていくサービスです。

 

この他の○○テックは、

AdTech(アドテック)= Advertisement(広告)× Technology(技術)

EdTech(エドテック)=Education(教育)× Technology(技術)

FashionTech (ファッションテック)=Fashion(ファッション)× Technology(技術)

FoodTech(フードテック)=Food(食)×Technology(技術)

HealthTech(ヘルステック)=Health(健康)× Technology(技術)

InsTech(インステック)=Insurance(保険)× Technology(技術)

LegalTech(リーガルテック)=Legal(法的)× Technology(技術)

MedTech(メドテック)=Medical(医療)× Technology(技術)

TransTech(トランステック)=Transportation(運搬)× Technology(技術)

 

等々、様々な分野で情報技術との融合が進められています。

さて、本日の主役は、Real estate Tech(リアルエステートテック) =Real estate(不動産)× Technology(技術)、不動産テックです。

不動産テックとは?

不動産業界とIT技術の融合により、低コストで迅速な顧客対応、新しい付加価値の創出、利便性の向上などを可能にしたのが、「不動産テック(リアルエステートテック)」です。

AIとビッグデータを活用

不動産営業マンの経験則だけではなく、AIとビッグデータを活用して、瞬時に物件の資産価値やリスクを判定したり、消費者の希望条件にあてはまる物件を自動で送信したり出来るようになりました。

江戸川不動産情報館が提供する不動産テック

セルフインスペクションシステム

物件の価値やリスクを一瞬で判断する

【セルフィンでわかること】

①価格の妥当性を判定

②対象不動産の流動性を判定

③立地による資産性を判定

④住宅ローン減税の対象か否かを判定

⑤建築年から耐震性を判定

⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)

⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能

・マンション偏差値・推定売却価格

・過去の販売相場・過去の賃料相場

を確認出来ます。

自動物件紹介サービス

物件提案ロボ

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。

※REINSのご説明は下記をご参照ください。

物件情報は

どこでも同じ

レインズロゴ

【REINS】のご説明

※売主から物件の売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務付けられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みとなっており、全国から多くの買い手を探すことができる仕組みになっています。


土地情報ロボ

事業者間で流通している土地情報が24時間以内に届く

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。