· 

空き家が増えていく令和時代

寂れた町

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日のテーマは、「空き家が増えていく令和時代」です。

参考にして下さい。

令和は空き家の時代

平成31年4月26日に、総務省が「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」を公表しました。

 

「住宅・土地統計調査」とは、5年ごとに、日本の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査です。この調査の結果は、住生活基本法に基づいて作成される住生活基本計画、土地利用計画などの諸施策の企画、立案、評価等の基礎資料として利用されています。総務省ホームページより抜粋 

 

【結果の概要】

https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_gaiyou.pdf

全国で総住宅数は6242万戸と3.0%の増加

総住宅数及び増加率の推移-全国(昭和38 年~平成30 年)

全国の総住宅数及び増加率の推移

総住宅数は 6242 万戸と、平成 25 年と比べて、179 万戸(3.0%)の増加でした。

一都三県で増加数の4割を占める

平成25年からの総住宅数の増加数を都道府県別にみると、東京都が31万戸と最も多く、次いで神奈川県が、15万戸、千葉県が14万戸、埼玉県が12万戸となっており、この1都3県で全国の増加数の4割を占めることがわかりました。

空き家率は13.6%と過去最高

空き家数及び空き家率の推移-全国(昭和38年~平成30年)

空き家数及び空き家率の推移

空き家数は846 万戸と、平成25 年と比べ、26 万戸(3.2%)の増加でした。空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は、13.6%と0.1 ポイント上昇し、過去最高となりました。

 

空き家数の内訳をみると、「賃貸用の住宅」が431 万戸と、平成25 年と比べ、2万戸の増加となり、「売却用の住宅」が29 万戸と1万戸の減少、別荘などの「二次的住宅」が38 万戸と3万戸の減少、「その他の住宅」が347 万戸と29 万戸の増加でした。

人口減少時代

人口減少予測

令和時代は、人口減少時代です。

あくまでも、推計ではありますが、社会・経済を支えている生産年齢人口(20~64歳)が、2010年には約7,500万人いたのが、2020年には約5,800万人、その後、一旦増加しますが、2040年には約5,400万人、2060年には約4100万人になると言われています。50年間で、45%減少してしまうわけです。

 

不動産を購入する世代が減少

 

不動産を購入する層の多くは、生産年齢人口の世代です。

そして、不動産の一次取得者の年齢は、37歳±5歳前後ですので、不動産を購入する世代が減少していくわけですね。

 

前述した空き家の増加傾向は、人口減少が原因です。

人口が減少していくのに、新しい建物が増えていけば、空き家が増えていくのは、当然なわけです。

中古住宅の流通を促進

政府は、この人口減少時代の空き家問題の解決に向けて、中古住宅の流通を促進するべく動き出しました。

http://www.mlit.go.jp/policy/tyukozyutaku.html

新築住宅ではなくあえて中古住宅を選ぶ

これまでは、予算の都合上、新築住宅ではなく、「仕方なく」中古住宅を選択するという方が多かったのが現実でした。

しかし、令和時代は、「あえて」中古住宅を選択するというのが、当たり前になるかもしれません。

 

政府は、中古住宅流通の促進に向けて、インスペクションを推奨し始めました。

インスペクションをしっかりと行えば、中古住宅を選択することも怖くありません。

https://www.mlit.go.jp/common/001219899.pdf

 

空き家問題関連記事はこちら

人口減少時代関連記事はこちら

中古住宅関連記事はこちら

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。



フォームから相談依頼

「家を買うなら知っておきたい情報レポート」をご希望のお客様は、メッセージ欄に「レポート希望」と入力して送信して下さい。

メモ: * は入力必須項目です