· 

競売物件の注意点とは!?

競売について

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

不動産豆知識シリーズ「競売」編です。

参考にして下さい。

競売物件のメリットデメリットは!?

競売は、債務者が住宅ローン等の債務の支払いを長期間にわたって滞納してしまい、融資をした債権者が、抵当権を行使して、裁判所に競売の申立てをする事で開始されます。競売になると、債務者の意思は関係ありません。

競売物件のメリット

①相場より安く買える

競売物件は、後述するデメリットがある為、通常の不動産売買より価格が、約3割ほど安いと言われております。

②特殊な物件情報も開示される

競売は、特殊な物件が見つけやすいと言われています。

通常の不動産取引では、特殊な物件は、需要があまりない為、市場に出回らない事も多いですが、競売物件の場合は、一律に情報が提供されるので、特殊な物件の情報をお探しの方には良いと思います。

競売のデメリット

①占有者にご用心

競売物件には、引渡し義務がありません。

占有をしている居住者がいた場合でも裁判所は、立ち退きには関与しませんので、ご自身で、立退き請求をしなければなりません。鍵の引渡しもないので、最悪住めない場合もあります。

 

残置物があった場合もご自身で処分しなければなりません。しかも、しっかりと、第三者である証人に立ち会ってもらい、何があったかの証拠を残しておかないと、あとで、前居住者に言いがかりをつけられる事もありますのでご注意ください。

②保証がない

競売物件は、瑕疵担保責任が免責です。あとで建物に不具合等の欠陥があった場合、保証がない為、自身で修繕しなければなりません。

③住宅ローンは使えない

通常の不動産取引とは取引のタイミングが違う為、住宅ローンは、ほぼ使う事が出来ない事がほとんどです。その為、現金で購入する場合が多いようです。

競売物件のメリットデメリットまとめ

競売物件は、通常の不動産取引の相場より、取得費用が安くなるが、立ち退き交渉や残置物撤去等を、自身で行う必要がある。住宅ローンはタイミングが合わないので、使えない事が多く、予め取得費用を現金で準備しておかなければならない。

以上の事から、競売物件は、不動産取引に慣れていて、解決能力がある不動産事業者等の専門家でない場合は、扱いが難しいので注意が必要である。

 

競売関連記事はこちら

競売物件になってしまうのはどんなとき?

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。