· 

外壁塗装のタイミングは?

外壁塗装診断で利用されるABCチェックについて

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日は、中古戸建の購入を検討されている方向けに外壁のメンテナンスのタイミングについて解説していきます。

参考にして下さい。

外壁塗装のタイミング

深掘りシリーズです。

不動産購入後を見える化「修繕費」編という記事から派生して「深掘りシリーズ」をお送り致します。本日は、外壁塗装のタイミングについて深掘りしてみましょう。

 

中古戸建住宅を購入する前・購入後も住宅のメンテナンスは必須です。

外壁塗装いつやるの?

外壁塗装いつやるの?今でしょ!

いきなり、すべりまして失礼しました笑

 

もとい、塗装屋さんに聞けば、こう返事が返ってくるかもしれませんが💦

一般的に、戸建て住宅の場合、新築から10年近く経過すると目地やサッシ廻り等々のいろいろな箇所に劣化が発生していきます。給湯器については10年くらいが目安です。

 

理想的な塗り替え周期は、木部と鉄部は5年ごとに、外壁や屋根は、10年ごとに塗り替えるのが理想的だと言われるようです。

 

外壁が劣化した部分、例えば、クラック(ひび割れ)した部分、窓のコーキングが剝がれた部分、そこから雨水が浸入して、壁の中の木材を腐らせてしまうことがあります。解体してみて、初めてスッカスカになった木材を確認する事も珍しくありません。またシロアリの発生原因になったりしますので、日々の外壁周りのチェックは重要です。

外壁塗装診断のABCチェックについて

次に塗り替え時期を示す危険信号の代表例をいくつか挙げていきましょう。

外壁診断で利用されるABCチェックを元に解説していきます。

 

A:もっとも危険度が高く、B:危険度が次に高い、C:劣化が始まっている目安

危険度A(外壁塗装を早期に実施すべき)

外壁の「ひび割れ(クラック)・亀裂」

モルタル外壁の場合、新築時に、あまりよく乾燥させないうちに表面塗装を行うことによって外壁のひび割れを引き起こすことがよくあります。又、地震や大きな道路沿いのご自宅だと、日々の振動などによってもひび割れが発生します。

 

サイディング外壁の場合は、サイディングを貼り合わせた目地部分に劣化が発生する場合が多いようです。これは、サイディングボード同士を繋いでいる部分(コーキング)の経年劣化によって、弾力性が無くなり、コーキング部分が破断をして発生します。その結果、破断した部分から水か侵入して、大きな被害へと発展していくわけです。

危険度B(外壁塗装をそろそろ実施すべき)

外壁の「チョーキング現象(白華現象)」

外壁部分は、日々の紫外線等で劣化が徐々に進行していきます。外壁部分に洋服が触れて、真っ白になったり、触った手が白くなるという現象を「チョーキング現象(白華現象)」を呼びます。その原因は外壁表面の塗膜が寿命であるという症状といえます。

 

この「チョーキング」が進んで、ヘアークラックと呼ばれる細かなヒビ割れが始まり、そこから雨水が侵入して劣化が一気に進行していきます。

危険度C(外壁塗装を検討すべき)

屋根・外壁の 「色あせ」

色あせは、劣化を示すもっとも分かりやすい合図です。

それも雨の翌日は、色あせの状況によって、水はけの悪さなどから、劣化状況が明確に判断出来ます。

 

その原因は「塗装の劣化」です。つまり、色あせが進行していくほど、塗装のコーティング力も落ちていると

いうわけですね。そうなってくると、そろそろ外壁塗装の目安と言えます。また、このような症状が発生している場合、北側に面する(通常、日が当たらない場所など)は、外壁にカビや藻が張り付いていたりします。

早めのメンテナンスで低予算が理想

そんな事言われたって、専門家じゃあないから、わからないよ。

そんな声が聞こえてきそうですが、まずは、上記のABCチェックをやってみましょう。

 

少しでも該当しそうな部分があったら、数社に見積りを依頼してみる。

勿論、見積り段階では、費用はかかりませんのでご安心下さい。

※念のため、見積りは無料であるかどうかを確認しましょう。

計画的な修繕費の工面

マンションと違い、戸建住宅の場合、全ての修繕が自己管理になります。その為、修繕が必要な時に、最低限の修繕ですませようという心理に陥る事が多いです。そして、出来るだけ、メンテナンスを後回しにする事が多いです。

せっかく、修繕したのに、低予算過ぎて、あまり意味がないでは、悲しいですね。

さらに、もう雨水の流入が激しく、躯体の腐食が進行していて、より大規模な修繕工事が必要になってしまっては、取り返しがつきません。最悪な場合、塗装だけですまなくなり、外壁の張り替えですと、修繕費が数倍になります。

 

後回しにすればするほど、逆に費用がかかってしまうのですね。

これは、人間の健康と同じですね。

 

それでは、どのように修繕費の工面を考えていけば良いのか?

そんな記事を書いておりますので、参考にして下さい。

【参考記事】

 不動産購入後を見える化「修繕費」編

悪質な訪問営業に注意しましょう

くれぐれも、訪問営業等で塗装診断を提案してくる業者ではなく、ご自身で、業者を探し、依頼する事をお勧め致します。それも必ず、2社以上に相見積もりをして下さい。

 

理由は、詐欺に巻き込まれない為です。訪問営業詐欺をしかけてくる悪質業者は、とにかく営業トークが上手です。それが仕事なわけですから。専門知識を持っていない一般の方は、その営業トークに太刀打ち出来ない事が多いです。もし、訪問営業が訪ねてきたら、とにかく、始めにはっきりと断る事。無視しても良いくらいです。無視されれば、悪質業者は、すぐに諦めます。詐欺はとにかく、数を回り、引っかかった方から、むしり取る手法がほとんどですから。泥棒もそうですね。鍵を二つにしておいたり、窓ガラスにも防犯グッズを設置したりしておくと、すぐに、次の獲物に切り替えます。何故なら、捕まったらアウトなわけですから。

【参考記事】

屋根のリフォームと悪徳業者

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。