· 

屋根のリフォームと悪徳業者

雨風等から自宅を守る!屋根リフォームの裏話について

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日は、屋根のリフォームについてと悪徳業者にご用心というお話です。

参考にして下さい。

屋根のリフォーム悪徳業者にご用心

以前、不動産購入後を見える化「修繕費」編という記事をお送りしましたが、本日は、修繕の中の屋根のリフォームについてもう少し深掘りしてみましょう。

屋根のリフォームの注意点

屋根は、あなたの大切な家を保護するなくてはならないものです。しかし、定期的にメンテナンスしている人は少なく、劣化が進んでから気付くという事が多いの現状です。

 

屋根を普段からじっくり見る方は、ほとんどいないですし、内装のリフォームと比べて、効果を実感出来ない点が、屋根のメンテナンスをおざなりにしてしまう原因でしょうか…。

 

しかし、実は、屋根・外壁・配管・サッシ廻りの外装部分をしっかりメンテナンスしておかないと、大切な家の躯体に湿気に侵入して、どんどん朽ちていってしまうんですね。そうなると、当然、家の資産価値は、下がります。最悪の場合、屋根や外壁の張り替えとなってしまい、塗装やシーリングだけと比べて、費用がとても高額になってしまいます。

 

それでは、屋根のリフォームの注意点をみていきましょう。

屋根・外壁等の外回りの修繕はセットで行いましょう

外回りの修繕は、足場をたてる必要が出てきます。この足場代が結構かかるんです。ですから、外回りの修繕はセットで行うことをお勧め致します。

何年ごとに修繕するの?

一般的には、新築戸建をご購入された場合には、10年後、2回目以降は、5~10年が目安となるようです。

費用は、地域・業者・景気動向によって、ピンキリですが、30坪くらいの延床面積でしたら、修繕箇所や修繕の内容によりますが、100~200万円くらいが相場でしょうか。実際に修繕を頼む時は、必ず、相見積もりをして、業者を選定しましょう。

 

業者選定のポイント

業者選定のポイントは、価格だけではありません。安かろう悪かろうだけでは、高額な工事は頼めません。

例えば、実際に施工中の現場があるか確認する。

そして、アポなしで、突然、見に行きましょう。見られる事が、予めわかっている現場を見に行くのは、意味がありません。

 

そして、出来れば、挨拶をしてみましょう。

挨拶がちゃんと出来るかどうか?も大事です。外回りの修繕は、近隣の皆さんにも、多少のご迷惑をお掛けするわけですので、挨拶さえも出来ないようでは、お話になりません。

 

といっても、けっこう職人さんはぶっきらぼうだったり、怖そうな風体をしている方が多いです。だから、話かけづらい雰囲気なんですが、そこは、勇気をだして、声掛けです。

 

話しかけてみたら、顔や風体は怖いけど、意外と気さくで話しやすかったりするものです。職人さんは、営業マンと違ってシャイな方が多いんですよね笑

 

それと、現場が綺麗かどうかも大事なポイントです。

現場が汚い業者は、仕事も雑の可能性が高いです。タバコの吸い殻や空き缶等のゴミがしっかりと一か所に集められているかどうか?

 

そして、一番大事なのは、社長・社員・職人さんたちの人間性です。

 

信頼出来る会社と出会って、長く家のメンテナンスを頼んだ方が、安心です。

その為、価格も、勿論、大事ですが、少し価格が高くても、対応が丁寧で、いきいきとした業者さんの方が良いですよね。

 

会社の大小よりも、ちゃんと対応能力があるか?報告連絡相談が出来ているか?が肝心です。

例えば、見積りを依頼してから、どれくらいで提出されるか?時間がかかる時は、予め、中途報告をしてくれるか?見積書の内容は、丁寧に記されているか?等々です。

悪徳業者にご用心?

注意が必要なのが「悪徳業者」についてです。それも訪問販売のように、突然、営業マンが自宅に来て、言葉巧みに不安を煽られて、屋根リフォームを依頼してしまうといった被害が昔から存在します。

良くあるパターン

「近くで屋根の工事している者ですけど、お宅の屋根が剝がれているみたいなので、お声掛けさせていただきました」

 

実際に屋根を見てもらうと「大変です。やっぱり屋根が剝がれていて、このままだと躯体が腐って、自宅に住めなくなってしまいますよ。」

 

そのような事を言われ、そのまま屋根のリフォームの見積依頼を出してみると、数百万円の屋根のリフォームの見積が出てきました。しかし、このまま放置をすることも出来ずに、そのまま屋根リフォームを依頼してしまうといった事が多いのです。

 

このような営業手法が屋根リフォームの訪問販売の手口のようです。勿論、本当に事実を伝えてくれるような方も事業者にはいると思いますので、誤解の無いようにお願い致します。

悪徳屋根リフォーム業者の手口について

『悪徳屋根リフォーム業者の手口』を3つご紹介させて頂きます。

 

※きちんとした屋根リフォーム業者も存在しますので、下記内容については参考にしていただき、自己責任で業者選定を行って頂ければ幸いです。

悪徳屋根リフォーム業者の手口 ①【点検商法】

お年寄りを狙っての屋根リフォーム業者からの無料点検のご案内についてです。

 

屋根リフォームを検討している際に、ついつい頼みたくなってしまうのが『無料屋根点検』です。その屋根リフォーム業者は、自宅の屋根を撮影するためにビデオを持参していたといったケースです。

 

無料屋根点検を行った後は、ビデオをテレビに接続し、映像を見せ始めます。

 

屋根リフォーム業者がいうには「かなり屋根の症状が良くないですね。一部、腐れもありました。ついでに外壁塗装も一緒にやっておいた方が良いですね。」といった提案がなされ、屋根リフォームと外壁塗装の見積を出してもらうと、ビックリするような高額な価格が提示される。

 

このように、屋根リフォーム業者が実施する点検商法とは、無料点検と称して勝手に屋根に上がり、一方的に不安をあおって、高額な屋根リフォームを契約させるというものです。

 

そもそも、見積りは無料であることがほとんどですので、安易に、頼んでもいないのに、業者側から、無料で見積りをお願いしてきたら、注意しましょう。

悪得屋根リフォーム業者の手口 ②【見本商法(モデル・モニター商法)】

「この地域で一軒だけモデル・モニターとしての屋根リフォーム物件を探してます。また、今回は特別に会社から宣伝費として予算が出ますので、モデル・モニターとして工事しませんか?」と言ったお得感を出しながらの屋根リフォーム事業者は提案してきます。

 

実は、この予算がくせ者で、通常より2・3倍するような屋根リフォームの見積もりとなっており、いかにも安く工事ができるように装っての契約を迫るものです。それも即決を迫ってくるような手法を取ってくるケースが多いようです。

 

このように『あなただけに特別な屋根リフォームを提供します。』といった特別感を出しながらの提案は、見本商法(モデル・モニター商法)と言われたりします。

悪徳屋根リフォーム業者の手口③【キャンペーン商法】

「決算期の為、今月は、キャンペーン期間中なので、普段よりも〇%割引のお値段で工事ができます。」それもなぜか締め切り間際での提案が多いようです。

 

人間だれしも『キャンペーン』『お得』『今がチャンス』『締め切り間近』『平成最後?!』という言葉には弱いですよね。

 

キャンペーンが必ずしも悪いとは思いませんし、ついつい〇〇キャンペーンといったイベントにつられて、必要でもないものを買ってしまったといった経験は、私にもあります💦

悪徳屋根リフォーム業者からの身の守り方

まずは、自分の家族、知り合いに相談しましょう。どんな詐欺の回避の仕方もそうですが、まずは、まわりに相談です。

 

その場で即決を求めてきたら、絶対に応じない事。

 

そもそも、悪徳屋根リフォーム業者から提案された事をついつい受け入れてしまう理由として、屋根リフォームの経験が少ない事と、知識不足な点が挙げられます。その為、このような屋根リフォーム業者からの提案を回避するためには、最低限の屋根リフォームの『知識』を持っておく必要があります。

勿論、専門家のように、現場の経験がなくては、知識はあまり意味を持たないという意見もありますが、知識は、ないよりはあった方が良いです。

屋根について少し勉強してみよう

以前、屋根の素材・材質についての記事を書きましたので、さらっと読んでみて下さいね。

☆2018/03/18 屋根の素材の種類

中古住宅をご検討の方へ

屋根材にあったメンテナンスが求められますので、出来れば住宅購入前に一度、屋根をじっくり見ていただく事をお勧めします。勿論、屋根の上に上がらなくても、下から、もしくは2階のバルコニーから覗けるようでしたら、屋根部分から観察してみて下さい。

 

屋根材の確認や方位によって色の落ち具合、傷んだ箇所などの違いなどを発見できることがあるかもしれません。

 

予め屋根の状況や状態を把握しておけば、屋根リフォーム業者の指摘に惑わされることは少なくなり、屋根リフォーム業者も「知識」を持っている消費者として、早々に立ち去る事になるでしょう。

 

ぜひ、戸建住宅を購入される前・購入後のメンテナンスの参考にお役立て下さい。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。