· 

バイヤーズエージェントって何者?

バイヤーズエージェントが対等な取引を実現する

江戸川区 不動産エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

本日は、昨日に引き続き、おさらいシリーズ第二弾です。

昨日の記事は第一弾「不動産の買い方、間違っていませんか?」

 

本日のテーマは、ズバリこちら!

What’sバイヤーズエージェント?

バイヤーズエージェントとは買主の為だけの代理人

バイヤーズエージェントで対等な不動産取引を実現する

アメリカでは「両手仲介」が法律で禁止されている州も多く、売主も買主もそれぞれ代理人(エージェント)を雇うことが一般的です。日本の不動産市場はアメリカの不動産市場とは異なるのですが、売主優位の日本の市場を見ると、一般の不動産仲介会社はすべて「セラーズエージェント(売主の味方)」で、買主のエージェントが不在なのが問題なのです。

 

 江戸川不動産情報館が定義するバイヤーズエージェントは、買主様のためだけの代理人です。買主様に徹底的に寄り添い、買主様の利益を追求します。日本におけるエージェント業が確立していないので、便宜上リニュアル仲介のバイヤーズエージェントは客付仲介の役割を兼ねます。バイヤーズエージェントの収益は買主様からいただく仲介手数料のみで、他にローン代行手数料等の報酬※は発生しません。江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館が提唱するシステムはこれまでの住宅業界にない、新しい仲介の在り方でもあります。

※インスペクション(建物状況調査)は別途費用がかかります。詳細はこちらへ

 

バイヤーズエージェントが対等な取引を実現する

ポータルサイトにご注意を

ポータルサイトで気になる物件を見つけました。早速、問い合わせをして、資料請求、内見、詳細な説明を受けたいと連絡します。

問い合わせ先の不動産会社は、そもそもあなたの味方でしょうか?

インターネット検索

さて、この場合にあなたが問合わせしたその不動産会社は、そもそもあなたの味方でしょうか?

 この取引の仕組みでは、待ち構えている業者は、ほとんどが売主側の仲介業者なのです。

 

その仲介業者からすると、成約すると売主側と買主側から両方から手数料がもらえる(両手取引)となり、仲介業者としてもおいしい取引となります。

昨日もお伝えしましたが、不動産仲介のビジネスモデルは手数料を頂戴する事です。

その手数料が、同じ物件金額の取引で倍になるとしたら、営業マンはどう考えるでしょうか?

両手仲介

この両手取引は、手数料が一度の取引で倍になるため、事業者の自分たちの利益を優先されがちな取引でもあります。

売主側の仲介業者は売るのが仕事

売主側の仲介業者は売るのが仕事です。だから・・・、

 

・高く買ってくれる人を探している。

・あなたが購入する物件が将来どうなろうが関係ない

・あなたが購入できる資力があるかどうか、契約が出来るかどうかが最大の関心事

・たとえ変な物件であっても「買わない方がよい」とは立場上アドバイス出来ない

・価格交渉は積極的でない

→立場的に先に依頼を受けている売主側に重きが置かれるため

・ネガティブな情報は積極的に開示されにくい

 

つまり、その不動産業者を介してもあなたに良いことはほとんどありません。

買主様に徹底的に寄り添う不動産エージェント「バイヤーズエージェント」を活用しましょう!

バイヤーズエージェントは情報開示を徹底します

住宅購入者は様々なことを判断しなくてはなりません。単純に物件さえ選べば良いというわけではないのです。

 特に中古住宅の場合は新築の取引に比べ建物性能を考慮しなければならない分、検討材料が増えます。

 物件の紹介しかしない仲介会社では中古の取引では役不足なのです。江戸川不動産情報館ではバイヤーズエージェントの役割として徹底した情報開示を掲げています。

 

 買主様が適確な判断ができるよう様々な事業者に手配して調査・情報収集いたします。これら物件検討において必要となる検討材料をワンストップで提供するのが江戸川不動産情報館の特徴です。

 

 江戸川不動産情報館ではバイヤーズエージェントとしての役割を仕組みとして提供しています。住宅ローンの事前審査や建築士による建物インスペクションなどのサービスです。

 

 特に物件検討段階では無料でご利用いただけるサービスが充実しておりますのでこれらのサービスを活用して効率よく情報収集を行っていただけます。

 

 中古住宅だからこそ新築以上に安心してお取り引きいただきたいバイヤーズエージェントは安心・安全な取引のために欠かせない存在です。 

バイヤーズエージェントは必要な判断材料をご提供致します

資産価値の下がりにくい住宅購入をお手伝いします

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館が加盟しておりますリニュアル仲介は資産価値が下がりにくい住宅購入を実現するためのサービスです。

 

 住宅ローンの返済が単なる支出ではなく、将来的に資産となる「家の買い方」をご提案いたします。

 

 資産価値を重視した住宅購入においては情報収集が不可欠です。様々な角度からその物件が「資産」となり得るかを判断する必要があります。

住宅購入者が収集すべき情報①
住宅購入者が収集すべき情報②
住宅購入者が収集すべき情報③
ダウンロード
江戸川不動産情報館・情報提供一覧表.pdf
PDFファイル 101.4 KB

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。