· 

低炭素住宅【 省エネ住宅シリーズ】

省エネ

江戸川区 不動産エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

本日は、省エネシリーズ第3弾「低炭素住宅」です。

参考にして下さい。

 

過去の省エネシリーズ

☆2018/12/18 パッシブ住宅をご存じでしょうか?

☆2018/12/10 長期優良住宅をご存知ですか?

低炭素住宅とは?

認定要件

低炭素建築物として認定を受けるためには、省エネルギー法に基づく省エネルギー基準と同等以上の断熱性能を確保することと、一次エネルギー消費量をさらに10%削減できる事、及び低炭素化に資する措置等のうち2項目以上を講じていることが必要になります。

低炭素に資する措置等

・節水に役立つ設備を採用(節水型水栓や節水型便器、食器洗う機)

・雨水や井戸水を利用する設備を設置(雨水を貯水する)

・HEMSかBEMSを採用

・太陽光発電など(蓄電池を含む)

・ヒートアイランド対策(屋上に緑を植えるなど)

・劣化等級3

・木造住宅もしくは木造建築物

・高炉セメント(耐久性UP)等

 

低炭素住宅の申請は難しく感じるかもしれませんが、長期優良住宅よりも簡単に認定が受けられるようです。

税制上の優遇措置

低炭素住宅の認定を受けると税制上の優遇処置が受けられるようになります。

・所得税・・・住宅ローン減税

・登録免許税が税率0.1%

・フラット35S金利Aプラン

・容積率の緩和(5%)

事前に専門家に確認を

低炭素住宅と長期優良住宅のそれぞれについて確認申請を行い認定を行い認定を受ける事は可能ですが、その場合税制優遇についてはいずれかの認定を選択して適用することになると思いますので事前に最寄の税務署か税理士へご相談ください。

シミュレーションを

長期優良住宅も同じですが、建築コストや認定を受けるためのコストが上がるのも事実です。

また、維持保全などのランニングコストもかかります。

低炭素住宅を建てるコスト以上に恩恵が受けられるのであれば良いのですが、必ずしもそうではないという事を理解しておかなければなりません。

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。


希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。