· 

令和時代の不動産価値は三極化!?

不動産の資産価値

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日のテーマは、「令和時代の不動産価値」についてです。

参考にして下さい。

三極化していく不動産価値

不動産の資産価値についての参考記事をご紹介します。

こちらの記事では、「三極化していく不動産価値」や「駅からの距離と不動産価値」について解説しています。

 

【物件価値"駅から1分ごとに100万円下落"】

https://president.jp/articles/-/28826

 

不動産価値は下記のように三極化していくという内容です。

 

・維持または上昇する物件

・徐々に価値を下げるもの

・無価値またはマイナス価値になるもの

 

それでは、この三極化の決定要因について解説していきましょう。

不動産価値の決定要因

不動産価値の決定要因の「90%」は立地です。

 

・広域立地:都心vs. 郊外人気住宅地か否か【60%】

・狭域立地:駅前~駅近物件vs. 駅から離れている【30%】

・物件スペック:専有面積や階数、環境の良し悪し等【5%】

・個別要因:物件の仕様・設備、特筆すべき条件【5%】

 

上記の通り、「物件のスペック」や「個別要因」による不動産価値への影響は「10%」しかないのです。

 

例えば、注文住宅で建物を新築した場合でも、10年後、20年後に建売住宅と比較した場合、不動産価値への影響は「10%」です。

 

さらに、不動産価値は、より多くの人に人気のある物件に資産価値がつきますから、注文住宅で自分にとって100点の建物であっても、第三者にとって100点とは限りません。

ですから、実はオーソドックスな万人受けする間取りや仕様の方が、評価は付きやすいのです。

 

個性的な仕様は、その分、費用がかかるわけです。

そのかかった費用分の価値が付かない場合、資産価値が毀損してしまう要因となるわけです。

立地の選び方

今回、ご紹介した記事にも記述されている通り、マンションであれば「駅から徒歩7分」、戸建なら「駅から徒歩15分」くらいが資産価値の減りにくい目安となります。

 

もし、予算的に厳しいようであれば、マンションの場合、駅から徒歩10分は死守したいところです。

築年数の選び方

建物の資産価値は、新築物件を購入した瞬間に、平均的に10~20%が毀損します。

 

新築物件には、不動産事業者の利益・販管費がのせられているからです。

さらに、不動産事業者が売主物件の建物部分には、消費税も課税されています。

 

築年数の選び方は、マンションであれば「築10~15年」、戸建てであれば「築20年」くらいが目安です。

このくらいの築年数になると、資産価値の毀損率が落ち着いてくるからです。

築古物件には要注意

注意して頂きたいのは「築古物件」です。

 

築年数が40年以上経過した「築古物件」をフルリフォーム・リノベーションする手法が流行っています。

築古物件は、資産価値の毀損が止まっており、価格も手を出しやすく、フルリフォーム・リノベーションすれば、内装は新築マンションのように仕上がります。

 

築古物件+フルリフォーム・リノベーションをメイン事業とする不動産事業者も増えてきました。

リノベーション事業と言われるもので、物件は「リノベ物件」と言われています。

 

この「リノベ物件」、一見するとお得で賢いのですが、物件によっては注意が必要です。

 

想像してみて下さい。

築40年の「リノベ物件」に20年住んだら、その物件は、当たり前ですが「築60年」です。

 

たしかに、もともと資産価値の毀損は、ほぼ無くなっていますが、もし売却しようとしたときに、買い手がつくでしょうか?

 

築60年というと、建替えも視野に入ってくる築年数です。

築60年のマンション居住者の年代は高齢者が多くを占めるでしょう。

高齢者は、変化を好みませんので、建替えは中々進みません。

 

駅近で、資産価値が高いビンテージマンションなら、人気があり、買い手も付きやすいですが、築年数が古いマンションですと、住宅ローン控除等の減税措置も受けられません。

住宅ローン控除は、築後年数要件の緩和措置もありますが、マンションの場合は適用が難しいのが実情です。

 

資産価値の毀損うんぬんよりも、買い手がつかなければ、極端に言えば資産価値は「0」の「腐動産」と言えるかもしれません。

 

不動産を購入する時は、将来、売却する時のことも考えておきましょう。

 

不動産の資産価値についての関連記事はこちら

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

不動産バイヤーズエージェントは、あなたの為の不動産代理人です。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


全国マンションデータベース

気になるマンションの資産価値がわかります

全国14万棟のマンション情報が確認出来ます!

【確認出来る情報】

・物件概要・マンション偏差値

・クチコミ・推定売却価格

・中古販売履歴、相場・過去の賃料履歴、相場

and more


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。



フォームから相談依頼

「家を買うなら知っておきたい情報レポート」をご希望のお客様は、メッセージ欄に「レポート希望」と入力して送信して下さい。

メモ: * は入力必須項目です