· 

2019年4月度の不動産相場「中古マンション」

都市部の不動産成約件数の前年同月比

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

2019年4月度のマンション相場がでました。

参考にして下さい。

2019年4月度のマンション相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019年4月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中古マンションの市場動向、件数、地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。

首都圏エリア不動産流通市場の動向

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)より、首都圏(1 都3県)における2019年4月度の不動産流通市場の動向についてご報告いたします。

中古マンションの動向

4月の中古マンション成約物件

【首都圏概況】

成約件数は、3,440件と前年比で、6.3%増加し、4ヶ月連続で前年同月を上回り、4月としては、1990年5月の機構発足以降、過去最高となった。成約㎡単価は前年比で、2.4%上昇、成約価格も同1.0%上昇し、ともに3 ヶ月連続で前年同月を上回った。専有面積は前年比マイナス1.3%であった。

 

【地域別動向】

成約件数は、神奈川県他を除く各地域が前年比で増加し、横浜・川崎市は 7ヶ月連続、千葉県は、6ヶ月連続で前年同月を上回った。成約㎡単価は横浜・川崎市、千葉県を除く各地域が前年比で上昇し、埼玉県は、11 ヶ月連続、神奈川県他は、5ヶ月連続で前年同月を上回った。 

首都圏中古マンション件数

首都圏の中古マンション件数の推移

概要

2019年4月前年同月比は、「成約件数 +6.3%」「新規登録件数 -0.5%」「在庫件数 +3.2%」

成約件数は、4月として機構発足以降、過去最高でした。

在庫件数は、47ヶ月連続で前年比増加した。

成約件数

4 月の首都圏における中古マンション成約件数は、3,440件と前年比で、6.3%増加し、4ヶ月連続で前年同月を上回り、4月としては1990年5月の機構発足以降、過去最高となった。

新規登録件数

4 月は、17,617件で前年比マイナス0.5%となり、ほぼ横ばいながら17年8月以来、20ヶ月ぶりに前年同月を下回った。前月比も4.5%減少した。

在庫件数

4月は 、47,191件と前年比で 3.2%増加し、15年6月から 47ヶ月連続で前年同月を上回った。前月比は1.2%減少した。

首都圏エリアの中古マンション成約単価

東京都

4月の東京都区部は、77.68万円/㎡と前年比で3.0%上昇し、4ヶ月連続で前年同月を上回った。多摩は、41.25 万円/㎡と前年比で8.1%上昇した。

神奈川県

4月の横浜・川崎市は、46.98万円/㎡と前年比で2.8%下落し、3ヶ月ぶりに前年同月を下回った。神奈川県他は、31.32万円/㎡で前年比プラス0.9%と、5ヶ月連続で前年同月を上回った。

埼玉県・千葉県

4月の埼玉県は、31.18万円/㎡と前年比で2.5%上昇し、11ヶ月連続で前年同月を上回った。千葉県は、27.23 万円/㎡と前年比で2.5%下落し、6ヶ月ぶりに前年同月を下回った。

公益財団法人東日本不動産流通機構

月例報告 Market Watch サマリーレポート2019年4月度

江戸川区 2019年4月 中古マンション相場

at homeより参照

間取り別

すべて 3,638.57万円

1R~1K 該当なし

1DK~2DK 2,299.47万円

2LDK~3DK 3,288.77万円

3LDK~4DK 3,786.29万円

4LDK以上 4,295.43万円

築年数・間取り別

築年数・間取り別の江戸川区中古マンション相場一覧表

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。



フォームから相談依頼

「家を買うなら知っておきたい情報レポート」をご希望のお客様は、メッセージ欄に「レポート希望」と入力して送信して下さい。

メモ: * は入力必須項目です