· 

マンション騒音問題

マンション騒音問題

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日のテーマは「マンション騒音問題」です。

参考にして下さい。

マンション騒音問題への対策

一戸建てでも、マンションでも、近隣から迷惑行為を受けることはありますが、ご自身は他人に迷惑をかけていないと言い切れるでしょうか?

例えば騒音問題

例えば騒音についてです。

 

音の基準値はデシベルという単位で表されます。

 

図書館の静けさで40デシベル、会話で60デシベル、電車の車内の音が80デシベル、多くの方はこの80デシベル辺りから不快に思うと言われています。

 

また、一般的には130デシベルを超える音を長時間聞いていると、聴覚に支障をきたすとも言われています。

実際の不動産騒音トラブル

実際の不動産での騒音トラブルは、音は勿論の事、時間帯によっては、小さな音でも気になる方はいらっしゃるかもしれません。

 

スリッパの音、ドアの開閉時の音、食器を落とした音、子供が走り回る音、大声で話す音、テレビの音、日常生活では、音は必ず出ますが、少しだけ注意するだけでトラブルに発展しないと思います。

騒音対策

足音を下階へ響かせないようにするのには、防音マットやカーペット等を敷くことです。

 

テレビの音や自身の生活音を漏らさない方法は、家具の配置変更・吸音材の貼り付けなども効果があります。

 

ドアの開閉や冷蔵庫など家電からの音に対しては、遮音シートや防振ゴムや防振シートなどで、モーターの動く時の大きな音などを防ぐ事が出来ます。

情けは人の為ならず

ある程度の生活音はお互い様ではありますが、だからと言って配慮しなくて良いという事ではありませんね。

 

特にマンションは、共同住宅です。

 

お互いが、少しでも気にかけて生活をしていれば、近隣トラブルも減り、良いマンション=資産価値の高いマンションと評価されていきます。

 

他人を変える事は難しいです。

まずは、自分の身の回りで出来る事から始めてみませんか?

 

それが、自分に返ってくる。

 

情けは人の為ならず。

 

お後が宜しいようで…<m(__)m>

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。