住宅ローンとクレジットカード

住宅ローンとクレジットカード

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日は、「住宅ローンとクレジットカード」というテーマでお送り致します。

参考にして下さい。

住宅ローンとクレジットカードの注意点

4月に入り、新生活に向けてクレジットカードの入会や住宅ローンなどの契約をされた方も増えていると思います。金融機関は、契約の可否を判断する為、住宅ローンの申込者に対して、過去にクレジットカード等の延滞履歴がないかといった情報を調べます。そうした情報をクレジットカード会社が、どのように集め、どのように使っているのかをご存知でしょうか?!

信用情報機関

クレジットカード業界や銀行業界等には、消費者の個人信用情報を企業間で共有する仕組みがあります。一般的には「信用情報機関」と呼ばれ、日本国内には3団体存在しています。このような信用情報機関が存在する理由は、消費者の信用度を確かめ、多重債務の発生などを防ぐのが目的です。

日本国内に存在する信用情報機関

日本国内には、3つの機関が存在し、カード会社などが加盟するシー・アイ・シー(CIC)、貸金業者が中心の日本信用情報機構(JICC)、全国銀行協会が運営する全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。

どんな情報が把握されているの?

どんな情報が記載されているのかというと、代表的なのがクレジットやローンの契約内容、毎月の支払い・返済状況、現在の債務残高です。契約の申し込みを受けた会社は、その人の情報を信用情報機関に照会し、問題ないと判断すれば契約します。延滞が重なっていたり、複数社に同時に申し込んでいたりすると契約を断ることがあるようです。

横断的に情報をやり取り出来る

各信用情報機関が、ネットワークを通じて横断的に情報をやり取りすることもあり、クレジットカードで支払い遅延を起こした人が、銀行でローン契約を申し込んだ場合、銀行は、クレジットカード業界の機関である「シー・アイ・シー(CIC)」の情報を入手して審査の参考にします。

携帯電話の分割払い

携帯電話会社で分割払いを行い、スマートフォン(スマホ)を購入した人が支払いを延滞した場合、その情報を、クレジットカード会社や金融機関等が把握出来るようになります。

 

携帯電話会社は、「信用情報機関」に加盟しており、その情報は、ネットワークを通じて、他の業界も把握出来るわけです。日本学生支援機構から奨学金を借りて、延滞した場合も同様に情報は共有されるようです。

 

住宅ローン審査を行う際に、過去の割賦販売で、携帯電話を購入された方は、その存在を忘れ、減額回答が出されるケースもあり、また、奨学金の存在は、ローンには関係ないと判断される方もいらっしゃいますので注意が必要です。

自分でも情報開示出来る

個人信用情報機関に開示申請をすると「開示報告書」を見ることができ、自分自身の信用情報を確認する事が出来ます。郵送にも対応しておりますので、ご興味がある方は、確認してみましょう。債務整理や支払いの延滞をした方(俗に言うブラックリスト入りの状態の方)は、信用情報に悪い履歴が残っています。このような場合は、ご自身の支払い状況に問題がないかを定期的に確認すると良いでしょう。

自分のクレジットカードの枚数を把握してますか?

クレジットカードの特典目当てで、複数枚クレジットカードを作った結果、ご自身で把握しきれなくなり、どのカードを契約しているかをお調べする方もいるようです。但し、原則、情報開示を請求できるのは本人のみとなっています。

ネットで確認してみよう

シー・アイ・シー(CIC) https://www.cic.co.jp/

 

日本信用情報機構(JICC) https://www.jicc.co.jp/

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC) https://www.zenginkyo.or.jp/

不動産探しは事前にローン審査

住宅ローンを契約する前には、ローン審査が、必ず実施されます。どのような基準でローン審査を行っているかを把握する事は非常に重要です。

 

また、不動産購入時の場合、物件が決まりそうになって、慌てて「住宅ローン審査」を実施される方を良くみますが、なるべく物件が決まる前に住宅ローン審査だけは通しておいていただければ幸いです。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。