· 

不動産買い替えシリーズ④「タイミング編」

買い替えのタイミングとは?

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

不動産買い替えシリーズ第四弾「タイミング編」です。

参考にして下さい。

不動産を買い替える【タイミング編】

不動産の買い替えを検討するタイミングについての参考記事をご紹介致します。

https://president.jp/articles/-/27376

買い替えを想起するタイミング

一回目の不動産購入後から、数十年が経ち、子どもが独立したり、職場が変わっていたり、大規模な修繕が必要になるのをきっかけに、買い替えを検討する年代といえば、40・50代が多いです。

一番大事な事は資金計画

二回目の不動産購入を検討する時、一番大事な事は、資金計画です。

 

特に住宅ローンの返済は、若い人の場合は、35年のローンを組んだとしても、完済までの期間が長いので、少々の無理があったとしても、どこかで帳尻を合わせようとする事が出来ます。

 

しかし、40・50代ともなると、リタイアまで今の収入を維持できるという保障はないでしょうから、身の丈にあった堅実な返済計画を立てることがとても重要になってきます。

慎重に進めるためにも、1度しっかりとキャッシュフロー※を計算しておくをお勧め致します。

※キャッシュフローとは、一定期間内のお金の流れ、またはお金(現金同等物)の収支の事です。

具体的にはどうすれば良いの?

まずは、今後の人生をイメージする事です。

具体的に、どの場所に誰と住みたいのか?それは都心なのか?郊外なのか?ご両親の家の近くなのか?子どもの家の近くなのか?職場の近くなのか?というように具合的にイメージしてみましょう。

 

・住みたい場所がイメージできたら、不動産エージェントに相談し、住宅の価格や物価を調査してもらい、キャッシュフローを計算してもらう。

・不動産エージェントと一緒に物件に実際に足を運び、建物の状態や周辺環境等をチェックする。

・買い替えにかかるお金を「見える化」する。

今の家を売却した場合、手元にいくら残るかを把握する。

「家を売って手元に残るお金」+「無理なく拠出できる自己資金」=「余裕を持って返済できる住宅ローン借入額」で新しい家の予算はこの程度と明確な数値が把握する。

無理をしないライフプランニング

いずれにせよ、2回目の不動産選びは、「無理をしない」「身の丈を考える」ことが重要ですね。

 

予算から逆算し、どれくらいの不動産が購入可能なのか?を考えるようにしましょう。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。