消費増税後の住宅取得支援制度は?

消費増税後の住宅取得支援制度は?

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日は、2019年10月に迫った消費増税後の住宅取得支援制度について解説していきましょう。

参考にして下さい。

消費増税後の住宅取得支援制度

そもそも、消費税が課税される部分と課税されない部分があるのをご存知ですか?

売主が消費税課税業者である場合でも、土地部分には、消費税が課税されません。建物部分に関して消費税が課税されます。

 

売主が個人である場合、課税事業者である個人事業主でなければ、個人間売買に建物部分にも、消費税は課税されません。売主業者の場合と同様に土地は、そもそも非課税です。

消費税8%の期限は?

8%の消費税で住宅を購入出来る期限は「2019年9月30日」となります。

そして、この日までに不動産の「引渡し」を受ける必要があります。

ただし、請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても8%が適用される経過措置が講じられ8%の消費税で住宅を購入する事が出来ます。

 

上記にあてはまらない契約は増税後の取り扱いになります。

その場合は消費税が増税した分、他の税制面でちゃんと支援するように検討されています。

・住宅ローン控除はどうなる?

住宅ローン控除の期間を10年から最大13年に延長して建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税する。

http://www.mlit.go.jp/common/001265195.pdf

・住まい給付金はどうなる?

すまい給付金を拡充して対象となる所得階層を拡充し、給付額も最大50万円に引上げる。

http://sumai-kyufu.jp/

・贈与税の非課税枠はどうなる?

非課税枠を最大1,200万円から最大3,000万円に引上げる。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000018.html

次世代住宅ポイント制度の創設

新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントがもらえる「次世代住宅ポイント制度」を創設します。

次世代エコポイント制度とは?

次世代住宅ポイント制度についてご紹介します。

 

次世代住宅ポイント制度は、2019年10月の消費税率引上げに備えて、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、消費者の需要を喚起し、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

 

参考資料:次世代住宅ポイント制度

http://www1.mlit.go.jp/common/001266526.pdf

 

http://www1.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000170.html

消費増税前か後かの判断

上記のように様々な住宅取得支援制度がありますが、大事な事は、住宅取得支援制度の把握は勿論の事、ご自身がしっかりと住宅取得に向けての知識の勉強や資金計画・ライフプランニングを行い、自分に合った住宅が見つかった時に、「満を持しての決断」が出来るようにする事です。

 

そして、不動産・住宅は、売買金額が高額となりますので、その時の不動産相場や住宅ローンの金利水準によっては、住宅取得支援制度を活用しても、損をしてしまう事も考えられます。

 

消費増税の前であろうが、後であろうが、不動産・住宅購入を「目的」ではなく、「手段」として、買主様にとって、将来、この物件を取得して良かったと思える不動産取引になればと思います。

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。