不動産・住宅購入時の諸費用をおさらいする

不動産・住宅購入時の諸費用は?

江戸川区 不動産エージェント 江戸川不動産情報館の金野秀樹(コンノヒデキ)です。

 

本日は、不動産の諸費用について解説していきましょう!

参考にして下さい。

不動産・住宅購入時の諸費用

土地建物以外にかかる費用は?

不動産購入時には、土地建物以外にも様々な費用がかかります。

 

土地、新築戸建(注文住宅・建売住宅)、中古戸建、新築マンション・中古マンション、物件種別によって諸費用は変わってきます。

 

また、売主から直接購入する場合と、不動産仲介業者を通して購入する場合とでも、変わってきます。

 

概ね7~10%くらいかかりますね。それぞれについて解説していきましょう!

共通する諸費用項目

・登記費用:登録免許税、司法書士への手数料

・仲介手数料:不動産仲介会社への手数料※売主や代理からの直売の場合、仲介手数料はかかりません。

・印紙代(売買契約書用):不動産売買契約書に貼付する印紙代

・火災保険:建物、家財、第三者への賠償責任保険等の損害保険

・ローン関係:ローン事務手数料、印紙代(金銭消費貸借契約書貼付用)、保証料・団体信用生命保険料

・測量費用:基本的には、売主負担になりますが、買主側からの希望で測量する場合は、負担があります。

・その他税金関係:消費税(売主が課税事業者の場合、建物に課税、仲介手数料も同様)、不動産取得税、贈与税(贈与を受けた場合のみ)、固定資産税・都市計画税の清算日割分

・その他:引越し費用、家具等

各種減税制度あり

税金に関しましては、各種減税制度がありますので、不用の場合もありますので、必ず、事前に確認しましょう。

土地購入時の諸費用は?

共通項目以外の費用

・インフラにかかる費用:水道負担金(土地購入時の場合で、建物をご自身で建築する際に水道管を引き込む為の水道負担金がかかる場合があります。)、その他にも、ガス配管、電気配線に費用がかかります。建築費用に含まれているかどうか注意が必要です。

・農地転用費用:農地を宅地にするには農地法に基づく許可、又は届出が必要です。実際に宅地になった際には土地家屋調査士に「土地の地目変更登記」も依頼しなくてはいけません。

・解体費用:古家の残っている土地を購入した際にはその解体につき費用がかかります。浄化槽を撤去、アスベストの除去には注意が必要です。

注文住宅購入時の諸費用は?

共通項目以外の費用

・地盤調査費用:住宅を建築する土地の地盤調査費用など

・工事費用:契約金は、工事費用の約10%、建築確認申請費など、着工金(工事費用の約30%)、中間金、残金

・表示登記費用:建物を新たに建築した場合、土地家屋調査士に依頼して表示登記をする必要があります。

・その他費用:地鎮祭費用、上棟式費用など

・ローン費用その他:土地の代金と建物の代金をそれぞれ1つずつ住宅ローン契約する2本立ての場合あり、1本目を土地購入の住宅ローン、2本目を建物購入の住宅ローンとする契約です。建物完成までの間、資金を一時的に調達する方法として「つなぎ融資」があります。

建売住宅購入時の諸費用は?

建売住宅は、すでに建築済みの場合が多く、諸々の費用は、販売金額に含まれております。その為、共通項目をおさえていれば大丈夫です。但し、物件によっては、その他の費用がかかる場合もございますので、必ず、事前に不動産業者に諸費用について、確認を取りましょう。

中古戸建購入時の諸費用は?

共通項目以外の費用

建物状況調査費用:各種インスペクション(建物状況調査)によって、必ず、事前に建物の状況を確認しましょう。

・各種証明書発行費用:耐震基準適合証明書発行費用、フラット適合証明書発行費用

・その他:住宅履歴・登録費用

・消費税:個人間売買の場合、非課税

・リフォーム費用

リフォーム費用の目安

新築マンション購入時の諸費用は?

共通項目以外の諸費用

修繕積立基金:地域や物件、住戸の広さによって、20万円台~40万円台と幅があり、関東地方は40万円ぐらいがスタンダード。

中古マンション購入時の諸費用は?

共通項目以外の諸費用

・管理費・修繕積立金の清算金:日割り計算して清算する。

建物状況調査費用:マンションも築年数が古い場合、各種インスペクション(建物状況調査)によって、必ず、事前に建物の状況を確認しましょう。

・各種証明書発行費用:耐震基準適合証明書発行費用、フラット適合証明書発行費用

・その他:住宅履歴・登録費用

・消費税:戸建てと同様に、個人間売買の場合、非課税

・リフォーム費用:目安は上記にあげたとおり。

 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

 

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。