· 

【セミナー】不動産の買い方は資産価値を重視

江戸川区 不動産エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

本日は、セミナーのご紹介です。

お見逃しなく!

その不動産の買い方、将来大丈夫ですか?

夢のマイホーム、夫婦で一生懸命に頭金を貯めて、子供達の為、自分達の老後の為に、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、購入する。

その覚悟の仕方、間違っていないですか?

家賃並みでキレイな新築戸建て・新築マンションを購入する。

その戸建て・マンション、20年後に資産価値があるのでしょうか?

 

そもそも、資産価値とは、なんでしょうか?

 

「売らないから大丈夫ですよ、一生住みますから」という方がいらっしゃいます。

売らなくても良いんです。不動産を購入する時の判断基準の一つとして、リセールバリュー(再販価値)という考え方を持ってみませんかというご提案です。

それでは、具体的に説明していきましょう!

貯金になる家 消費する家

住宅ローンを単なる支出と考えていませんか?

住宅は一生に一度の大きな買い物と言われます。一所懸命働いて住宅ローンを返済し、完済した頃には家はボロボロ、売っても二束三文…。これからの人口減・家余り時代においては、二束三文でも買い手がつかない結果も考えられます。これでは確かに二度・三度と家を買うことはできません。

 

もしも中古戸建・中古マンションが買った価格で売れるとしたらどうでしょう。住宅ローン返済は「資産の積み立て」になります。これはバブル期のような夢の話ではありません。現実的に選択可能な資産防衛手段です。

アメリカと日本の住宅価値の実質値

貯金になる中古戸建・中古マンションとは?

4,000万円で買った中古戸建・中古マンションを10年後に売却すると仮定します。住宅ローンの返済は月々約12万円です。10年間で支払った利息は約530万円、10年後の残債は約3,060万円になります。

 

もし売却価格が2,500万円だったとしたら、失った資産は約2,030万円(売却損1,500万円+利息530万円)です。これは月々約16.9万円で住んでいたことと同等で、ローン返済額とくらべても大赤字です。しかも560万円ものローン残債となります。これが「消費する家」です。

 

もし10年後に3,500万円の価格で売れるとしたら、失った資産は約1,030万円(売却損500万円+利息530万円)です。これは月々約8.6万円で住んでいたことと同等で、ローンを完済しても440万円現金が残ります。つまり家を買ったのに10年間で440万円貯金したことになります。これが「貯金になる家」です。

 

ここで言う「消費する家」は新築戸建・新築マンション購入の典型的な事例で、「貯金になる家」は中古戸建・中古マンション購入の典型的な事例です。消費する家は残債の影響で住み替えが困難であるのに対し、貯金になる家は残債がないので、住み替えしやすいという点でも大きな違いがあります。

築年数による住宅価格の変化

「貯金になる家」とは何かを学ぶセミナー

住宅業界ではよく「新築と中古どちらがいいですか?」という質問をします。答えは簡単です。誰しもお金があるなら新築に住みたいものです。「消費する家と貯金になる家どちらがいいですか?」と問われればいかがでしょう。これも答えは明確です。誰もが「貯金になる家がいい」と答えるでしょう。

中古戸建価格・中古マンション価格の資産価値の推移

新築は購入金額の10%~20%を購入時に瞬間的に毀損し、マンションは築15年、戸建ては築20年にかけて物凄い勢いで資産価値を減らしてしまう、実に贅沢な買い方です。また、住宅の資産価値はある程度の年数で底を打ち、以降はならだかに推移することもわかっています。残念ながら現在の住宅業界は「消費する」買い方に消費者を誘導しているのが事実です。

 

住宅購入のタイミングは今後の人生を左右する大きな岐路に立っていると言っても過言ではありません。資産防衛として中古住宅の検討は有効な手段です。江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館は「貯金になる家」をご提案しています。私たちは安心してお取引していただくために徹底した情報開示に務めています。

自己責任に徹底的に寄り添う

はっきり言いましょう。住宅購入は自己責任です。その自己責任を失敗しない為にしっかりと理論武装しましょう!

 

江戸川不動産情報館は、その買主様の自己責任に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェント(不動産購入の代理人)です。

 

弊社が主催している「家を買うなら知っておきたい情報セミナー」では、理論武装の為の情報(買ってはいけない物件、不動産業界の仕組み、表向きは笑顔の不動産屋に騙されない方法)を2時間の間にたっぷりとお届けしています。


住宅セミナーでお話しする内容

☆マーケットを知る

これから購入予定の住宅は、自らの居住目的であり、同時にお客様の大切な資産です。その高額な資産を購入する上において「市場考察」は大切な作業です。「どんな勢いで人口が減るのか」「どれくらい家が余っているのか」「国の金融政策」「国の住宅政策」等について、もう一度皆で考えます。

※不動産業界裏話もお伝えいたします。

☆資産性とは何か

米国での不動産購入の3つのポイントは、1に「ロケーション」2に「ロケーション」3に「ロケーション」だそうです。不動産は資産であるという認識が浸透している結果でしょう。対して日本の場合、「通勤に便利」「昔から住んでいる」「子供の学区域」等、資産性とは程遠い自分の都合で立地を選ぶ場合がほとんどです。不動産の資産性について考えます。

☆リスクを考える

資産性・流動性の高い立地を選定しても、個別の不動産の事情で資産性を落とすようなことがあってはいけません。土地であれば、「液状化」「不動沈下」「洪水」等、土地そのものが持つリスク、建物であれば「耐震性不足」「ローン減税の対象外」「かし保険付帯の可否」等、その多くはエージェントがしっかり確認取りますが、どのような項目があるか確認します。

☆減税・補助金

右から左に物件を流すだけの不動産会社の多くは、顧客の減税や補助金等には無関心です。顧客がそのようなメリットを享受できても、手数料収入は変わらないからでしょうか。エージェントは違います。お客様目線であれば、お得な情報は利用しない手はないですね。顧客目線を徹底する、まさにそこがエージェントの腕の見せ所です

☆私たちが出来ること

当社のサービスや仕組み、物件選定から入居までの流れについて把握して頂きます。

①物件選定基準

②レインズ体験 不動産事業者が使用する物件情報データベース【レインズ】を使用出来ます。

③建物事前調査(インスペクション)の手配

④かし保険のご案内

⑤耐震性の確保のご提案

⑥住宅ローン減税手続き

⑦利用できる補助金の検討

⑧リフォーム費一体ローン

⑨各種証明書発行

⑩アフターサービスメニュー



物件の押し売りは一切ありません

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

自信をもって情報を提供致しますので、是非、ご参加下さい。


セミナーダイジェスト

お客様の声


 

 ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

年始から3月にかけて不動産の流通が活発になります。物件情報が増えてくる時期ですので、是非、ご活用頂きたいのが、不動産テックシステム「物件提案ロボ」です。

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。


家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会