· 

不動産業界裏話【両手仲介で利益が倍編】

不動産業界裏話【両手仲介で利益が二倍】

おはようございます!

江戸川区 不動産 エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

本日は不動産裏話シリーズ【両手仲介で利益が倍編】をお送りします。

参考にして下さい。

 

不動産裏話シリーズ【情報非開示編】はこちらから

不動産業界裏話【両手?片手?】

不動産仲介業のビジネスモデル

不動産仲介業は、売主側と買主側の2つの立場の仲介業者がいます。

その時々によって、立場は入れ替わる事もあります。

 

通常の取引では、2社の仲介業者が取引に関わります。契約が成立すると、売主は売主側仲介業者A社へ、買主は買主側仲介業者B社へそれぞれ仲介手数料をお支払いします。

 

売却の物件情報は、不動産流通機構「レインズ」に登録され、どの不動産事業者にも情報共有されます。

→つまり、不動産仲介業は基本的にはどの物件も仲介が出来ます。

レインズの仕組み情報共有

どこの不動産会社で購入するかは自分で選べます

ところが、家探しを始めたほとんどの方は、業界の仕組みも購入の仕方も良く知らないので、賃貸を探すときのように、まず「物件探し」から始めてしまい、

気になるのがあったらその不動産会社へ問い合わせし、相談してしまいます。

不動産会社はあなたの味方でしょうか?

さて、この場合にあなたが問合わせしたその不動産会社は、そもそもあなたの味方でしょうか?

 

この取引の仕組みでは、待ち構えている業者は、ほとんどが売主側の仲介業者なのです。

その仲介業者からすると、成約すると売主側と買主側から両方手数料をもらえる(両手取引)となり、仲介業者としてもおいしい取引となります。

両手仲介を最優先

両手仲介は利益が2倍

この両手取引は、手数料が一度の取引で倍になるため、事業者の自分たちの利益を優先されがちな取引でもあります。

 

売主側の仲介業者は売るのが仕事

売主側の仲介業者は売るのが仕事です。だから・・・、

・高く買ってくれる人を探している。

・あなたが購入する物件が将来どうなろうが関係ない

・あなたが購入できる資力があるかどうか、契約が出来るかどうかが最大の関心事

・たとえ変な物件であっても「買わない方がよい」とは立場上アドバイス出来ない

・価格交渉は積極的でない

→立場的に先に依頼を受けている売主側に重きが置かれるため

・ネガティブな情報は積極的に開示されにくい

つまり、その不動産業者を介してもあなたに良いことはほとんどありません。

まとめると、

インターネットに出ている物件情報は、全て広告である。

→だからネガティブな情報は掲載されていない

 

その広告の先の業者は、基本的には、売主側の仲介業者である。

→売りたい側の仲介業者に問い合わせしても、あなたのメリットは少ない

 

だから、あなたが損をせずに納得いく家を手に入れるためには、最初に物件探しをするのではなく、まずすべきことは、あなたの味方になる「不動産会社」と「信頼のできる担当者」を見るけることです。

これは、本当に大きな差が出ます。

住宅購入で失敗したくない人は、まずこれを理解し、あたなの味方になる不動産事業者を選びましょう。

 

ご不明な点等ございましたら

 江戸川区 不動産 バイヤーズエージェント 江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

仲介手数料が最大無料!詳細は上記をクリック!

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!

相談し放題!好評個別セミナー☆彡

インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!