賃貸VS持家という鉄板ネタ 

賃貸VS持家という鉄板ネタ

こんにちは!

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館です。

 

本日は鉄板ネタ。

賃貸と持家のどっちが得かについてです。

参考にして下さい。

賃貸と持家はどっちが得なの!?

面白い記事がありました。

 

「賃貸と持家のどっちが得かそろそろ決着をつけようじゃないか」

http://blogos.com/article/107720/

 

賃貸VS持家って不動産系メディアの鉄板ネタですよね。

でも冷静に見ると、これらの比較って、賃貸側の人が書く場合と持家側の人が書く場合で、データの使い方が微妙に違ってて、今ひとつな印象ってないですか?

この手の記事の特徴

この手の記事では、あからさまに片方を擁護するようなデータの出し方をする記事が意外と多いのも事実です。(この記事は比較的公平に分析されていて好感が持てます)

持家は支出なのか

賃貸は確かに支出でしかないのですが、持家も支出としてしか捉えていない記事が多いと思います。

持家が資産ではなく、単なる支出という風潮はそろそろ見直した方が良いのではないか、と思います。

 

恐らく売却価格の要素を含めるとシミュレーションが複雑になるからだろうと思われますが、資産の概念を抜いて比較してもほとんど意味がないですね。

 

この記事で良かったのは、「住まいの必要面積」のイメージ。

この切り口はこれからの住まいと資産を考える上で非常に重要だと思います。

住まいの必要面積のイメージ

記事では持家は住み替えしない前提になっていますが、住宅が資産になる買い方をすれば、この記事の賃貸派のような住み替えが実現でき、実に合理的だと思います。

 

「賃貸と持家のどっちが得か」は愚問です。住宅購入を単なる支出にしてはいけません。

資産になる家の買い方をしましょう。

下記リンク先にて解説していますので、ご参考にして下さい。

「貯金になる家」「消費する家」

資産価値が減りにくい住宅購入

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区の不動産バイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

家を買うなら知っておきたい情報セミナー・勉強会

セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。


不動産を自分でAI査定

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック

セルフィンの利用でこんな事が分かります

①価格の妥当性を判定 ②対象不動産の流動性を判定 ③立地による資産性を判定④住宅ローン減税の対象か否かを判定 ⑤建築年から耐震性を判定 ⑥管理状況の良し悪しを判定(マンション)⑦土地の資産性について判定(戸建て)

⑧全国マンションデータベースを閲覧可能・マンション偏差値・推定売却価格・過去の販売相場・過去の賃料相場


AI評価付で自動で物件情報をお送りします

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。不動産データベース【REINS※】へ登録された翌日には皆様に「新着物件」の通知メールを送信します。物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。※REINS(レインズ)とは、不動産事業者のみが閲覧出来る不動産データベースです。