· 

お隣さんと「住所が一緒」を解決する方法 江戸川不動産情報館

お隣さんと住所が一緒を解決する方法

こんにちは!

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館です。

 

本日は「住所が一緒」なお話しです。

お付き合い下さいませ。

お隣さんと住所が一緒

もともと1宅地だった土地をいくつかに分譲して建築された建物の場合、それぞれの玄関の距離が近くなるため、すべて同じ住所(住居表示)となってしまうケースがあります。

 

これは、住居表示に関する法律の規定に従い、機械的に住居表示が振られているためです。

 

法律が最近の分譲住宅のようなやや狭めの土地での建て方を想定していなかったことに起因します。

 

各住戸で表札を工夫するなどの対処法もありますが、その対応を行っている市区町村もあります。

住居表示の枝番付番制度

それが、住居表示の「枝番付番」制度です。

一例として、最近では千葉市がこの制度を導入しました。

 

<千葉市ホームページ>

https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kusei/30jukyohyoujiedabanngou.html

 

それぞれ申出が必要になりますが、こちらの制度を利用することで、住所の先に枝番を振ることができます。

郵便物の誤配送を防ぐ為

郵便物の誤配送を防ぐためには、便利な制度ですね。

 

宅地の狭小化や人口の密集など、不動産を取り巻く環境の変化はめまぐるしく、法律が対応しきれていない部分は多々あります。

 

お住まいのエリアで条例などにより独自の対応が取られていることもありますので、市区町村の窓口に相談してみるとよいと思います。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
資産価値重視の家探しがわかるセミナー開催してます!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
買い手に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店
既存住宅売買かし保険 案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!