· 

不動産の売買契約の解除 江戸川不動産情報館

不動産の売買契約の解除 

こんにちは!

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館です。

 

本日は不動産の売買契約の解除のお話しです!

参考にして下さい。

不動産の売買契約って解除出来るの!?

売買契約の解除はどういう時に出来るのかご存じですか??

原則は

売買契約を締結すると、原則として契約を解除することは出来ません。

履行に着手前なら手付金を

ただし、不動産の売買契約の場合には、売買契約後でも、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主は売主に対して交付した手付金を放棄して、売主は買主に手付金の倍額を返還して、それぞれ契約を解除することができます。

 

また、手付解除期限が過ぎてしまった場合でも、違約金を支払うことによって契約を解除することができます。

天災地変

さらに、売主、買主の責任によらない地震や火事等により、住宅の引渡しができなくなってしまった時にも契約は解除できます。

この場合には、売主は買主から受領した手付金等を全額返還することになります。

契約違反だと

また、売主、買主のいずれかが契約違反を行った場合には、一定期間を設けて催告を行い、それでも応じない場合には、売買契約を解除することが出来ます。

住宅ローン特約

なお、住宅ローンを組んで住宅を購入する場合には、通常、ローン特約が付いており、あらかじめ決められた期日までに金融機関等から融資が下りなかったときには、売買契約を解除することが出来ます。

この場合には、違約金の支払い義務はなく、手付金も全額返還されます。

◆売買契約の解除の概要◆

[手付放棄による契約解除]

売買契約成立後、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主が売主に手付金を交付していれば、買主は売主に交付した手付金を放棄して、売主は買主に手付金の倍額を返還して、それぞれ契約を解除できる。

[手付解除期限が過ぎてからの解除]

手付解除の期限が過ぎてから解除する場合には、違約金の支払いが必要となる。

[危険負担に伴う契約解除]

・売買契約締結後、売主から買主に引き渡しされる前に、売主、買主の責任によらない地震や火災等により対象不動産の引渡しが出来なくなってしまったときには、売主、買主は売買契約を解除できる。

・この場合には、違約金の支払い義務は発生しないが、売主は買主から受領した手付金等を全額返還しなければならない。

[契約違反による契約解除]

・売主、買主の一方が契約違反を行った場合には、一定の催告期間を設けたうえで売買契約の解除ができる。

・なお、契約違反者に対しては、契約の解除による損害の賠償を請求することができる。

[ローン特約条項による契約解除]

・住宅ローンを組んで購入する場合、あらかじめ決められた期日までに融資が下りなかったときには、買主は期日内に限り売買契約の解除をすることができる。

・この場合、違約金の支払い義務はなく、手付金は返還される。

何かあった際に

住宅購入では売買契約は必ずする事になりますが、契約解除の事も知っておいた方が何かあった際には役に立つのではないでしょうか。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
資産価値重視の家探しがわかるセミナー開催してます!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
買い手に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店
既存住宅売買かし保険 案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!