· 

一建築物一敷地の原則とは…江戸川不動産情報館

一建築物一敷地の原則

こんにちは!

江戸川不動産情報館です。

 

本日は豆知識シリーズです。

お付き合い下さいませ。

一建築物一敷地の原則

建築基準法上

この意味は建築基準法施行令第1条の用語の定義で、

「敷地とは 一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう」

とあり、用途上可分の建築物は一敷地に一の建築物しか建てられません。

 

簡単に言いますと1つの敷地に建てられる建築物は1つが原則です。

用途上不可分とは

用途上不可分の関係にある二以上の建築物とは

(用途上不可分とは、用途が機能的に互いに連携しているために、それぞれの棟に敷地を分割することができない建築物をのことなのです)

専用住宅であれば離れ、車庫、物置、納屋、東屋、温室、畜舎などです。

学校・校舎であれば実習棟、図書館、体育館、更衣室棟、倉庫などです。

一団の土地の条件

一団の土地の条件は連続していること。共通の用途で使用していること。境界線が明確な土地とありますが一団の土地とならない場合もあります。

敷地が道路や水路などの公共物で分断されている場合や障害物や塀などがあって敷地間で連続せいがなく行き来ができない場合は同一敷地と認められません。

同一敷地と認められない場合は敷地ごとに接道条件や容積率建蔽率・道路斜線などの規定がかかります。

 

土地にはいろいろな規定がありますので詳しくは専門家にご相談ください。

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
資産価値重視の家探しがわかるセミナー開催してます!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
買い手に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店
既存住宅売買かし保険 案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!