· 

あぶないブロック塀のチェックポイント!江戸川不動産情報館

危ないブロック塀のチェックポイント

こんにちは!

江戸川区 不動産 エージェント 江戸川不動産情報館です。

 

大阪北部地震によって被災された皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

亡くなられた方やそのご家族には、お悔やみ申し上げます。

 

本日は地震時に危ないブロック塀について解説していきます!

危ないブロック塀とは!?

大阪北部地震ではブロック塀の倒壊がおきました。

 

このブロック塀は建築基準法の施行令で定められたブロック塀の強度を高める「控壁(ひかえかべ)」がなかったということで倒壊したことが発表されています。

あぶないブロック塀のチェックポイント

1.塀が傾いていたり、手で押すとグラツキがあるものは、少しの揺れで塀が倒れる危険性があります。

 

2.ひび割れがある場合、その部分から雨水が入り 中にある鉄筋を錆びさせ、長い間に鉄筋がなくなってしまう可能性があります。

 

3.ブロックの厚さが10cmの場合は塀の高さは2.0m以下、15cmの場合で2.2m以下と定められています。

(高い塀は強い地震の揺れで倒れ易くなります)

 

4.高さが1.2mを超える塀では控壁が必要です。その間隔は3.4m以下で、この間隔が広すぎたり、控壁がない場合は、強い地震の揺れで倒れ易くなります。

 

5.配筋用のエグレのない透かしブロックは必要な鉄筋が入りません。したがって、鉄筋の入っていないこのような塀は強い地震の揺れで倒れ易くなります。

見つけた時の対応は

上記のような塀がご自宅にあるようでしたら各市町村の相談窓口や、信頼のおける工事店または建築士などの資格の持った人に相談をして下さい。

 

ブロック塀は素人でも造れてしまいますが非常に危険です。

専門家に依頼しましょう

ブロック塀の施工は建築施工管理技士、ブロック建築技能士、コンクリートブロック工事士などが指導する施工業者に依頼して安全な塀をお願いします。

 

参考資料

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/153811_50826159_misc.pdf

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
既存住宅売買かし保険案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!