旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書その① 江戸川不動産情報館

こんにちは!

江戸川不動産情報館です。

 

本日は住宅ローン控除と耐震基準適合証明書シリーズその①をお送りします。

いってみましょー☆彡

住宅ローン控除と耐震基準適合証明書

旧耐震マンション

今回は、1981年6月よりも前に建築確認を受けたいわゆる旧耐震マンションで、住宅ローン控除を利用する方法について書きたいと思いますが、結論から申し上げると、控除利用は諦めた方が無難です(可能性は0ではありません)。

 

理由を少しご説明したいと思います。

皆様ご存じのように、耐火構造の物件を購入した場合、その建物が築25年を超えている場合には、住宅ローン控除等を利用することができません。

耐震基準適合証明書・既存住宅売買かし保険

但し、耐震基準適合証明書の取得、または既存住宅売買かし保険の付保をすることで、25年超の物件でもローン控除等が利用できるようになります。

 

旧耐震ということは、築25年を超えていますので、上記の耐震基準適合証明書発行、かし保険付保のいずれかをしなければ減税が受けられないことになります。

 

ところが、これが難しいのです。耐震基準適合証明書というのは、簡単に言えば現行法と同等の耐震性を有していることの証明書ですので、旧耐震基準の場合には改めて耐震性を診断する必要があります。

戸建て住宅であれば…

戸建て住宅であれば所有者が単独(あるいは家族で共有程度)ですので、その所有者が耐震診断をして、耐震性が足りなければ耐震補強をすると決断すればいいだけなので話しが早いのですが、マンションの場合は、診断をしようと思えば、その取引対象の部屋だけでなく、マンション全体の診断となりますので、他の部屋の所有者の合意が必要になります。

 

もちろん、診断費用・場合によっては耐震改修費用もかかりますので、マンション管理組合の決議を経なければなりません。

 

例えば、「新築の時からここに住んでいて、自分はもう余生を過ごすだけだから、わざわざ大金かけて補強までしなくていい」という意見や、「補強部材が自分の住戸の外観や眺望を損なうような補強をされたら、売れなくなるから困る。

他の部屋を補強してくれ」というような意見が出るのが容易に想像できそうです。

マンションの耐震化は進まない

このようなこともあって、なかなかマンションの耐震化は進んでいないのです。

ちなみに、かし保険付保の方はどうかというと、保険付保の要件として、旧耐震の場合には「耐震基準適合証明書」が求められていますので、結局同じ問題にぶつかってしまいます。

 

でも、極々たまに、「耐震改修済み」と広告にうたわれたマンションが売りに出ていることがあります。

 

次回は、耐震改修済みマンションで、住宅ローン控除適用にたどり着くまでの確認プロセスをご説明したいと思います。もちろん、江戸川不動産情報館でお住まい探しをなさっているお客様の場合には、江戸川不動産情報館のエージェントが各方面への調査を行なっております!

 

ご不明な点等ございましたら

江戸川区のバイヤーズエージェント江戸川不動産情報館へお気軽にご相談下さい。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

江戸川不動産情報館お勧めコンテンツ

物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
自動物件紹介サービス
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
物件 AI診断
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
資産価値重視の家探しがわかるセミナー開催してます!
インスペクション(建物状況調査)
インスペクションで中古でも安心!
バイヤーズエージェントシステム
買い手に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントシステム
リニュアル仲介とは!?
資産価値を重視した家探し
既存住宅売買かし保険案内宣言店
既存住宅売買かし保険 案内宣言店

☆ご成約の場合、最大10万円分の商品券進呈致します!