· 

エアコンを隠ぺい配管にすると、どんなメリット・デメリットがあるの?江戸川不動産情報館

エアコン取付

こんにちは!

江戸川不動産情報館です。

 

本日はエアコンを隠蔽?

何やらきな臭いですが、いってみましょー☆彡

エアコンの配管を隠蔽!?

【隠ぺい配管にした場合のメリット】

■建物の美観を損なわない

・邪魔な配管をほぼすべて壁の中に埋めてしまうので、家の外観がすっきりします。

・せっかくのおしゃれな新築の家も、むき出しの配管で台無しといったことがなくなりますので隠ぺい配管の一番のメリットとになります。

 

■エアコンを好きな位置に配置できる

・壁がある場所ならある程度好きな位置に室内機・室外機を配置することができます。

・窓側にあることの多いエアコンですが、そこからは風の届きにくいキッチンなどにも配置可能です。

・室外機も、外からは見えにくい家の裏に隠すことができます。

また、室内機を天井埋め込み式のビルトインタイプにすると、壁にスペースが無くても設置できるため、さらに自由度が増します。

 

【隠ぺい配管のデメリット】

メリットの大きい隠ぺい配管ですが、デメリットや注意点もいくつかあります。

あまり検討せずに隠ぺい配管にするとあとあと困る場合もあるので、しっかりチェックしましょう。

 

■工事費が高くなる

壁に配管を埋め込む工事が必要なので、当然露出配管より工事費が高くなります。

配管の長さが長ければ長いほど、費用はかさみます。

 

■取り付けできないエアコンがある

除湿だけではなく、加湿までできる機種や、フィルター自動お掃除機能付きで自動排出方式の機種は、配管が2つ必要なため、隠ぺい配管にするのは難しいです。

可能な場合でも、配管2つ分の工事が必要なので工事費がさらに増えます。

 

■異常時に対処しづらい

配管に何かしらのトラブルがあった場合、露出配管の場合はすぐに原因を見つけ修理することができます。

しかし隠ぺい配管では、まず故障部分を見つけるのが大変です。

トラブルの原因を見つけたとしても、壁の中の配管の修理は非常に手間がかかります。

外壁を削り、中の壁を壊してから修理するという場合も考えられますので対処に時間が掛かる上、修理代も高くつきます。

 

■エアコンの効率が落ちる

配管が長ければ長いほど、空調効率が落ちます。

その分電気代も増えてしまいます。

 

建物の見栄えが良くなること、エアコンを好きな位置に置けることは大きなメリットですが、デメリットもいくつかあり、気になるところです。

外観が気になる場合や露出配管では設置が難しい場合は隠ぺい配管に、家の裏側などで見栄えが気にならない場合は露出配管にするなど、すべてをどちらかにするのではなく、適材適所で決めてみるのもよいかもしれません。

 

江戸川不動産情報館

  Kin-Sho エステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

インスペクション(建物状況調査)
物件提案ロボ【自動物件紹介サービス】
物件の価値やリスクを一瞬で判断 SelFin 無料アプリ
損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!