· 

2018 年1月度の不動産相場 江戸川不動産情報館

2018年1月度の不動産相場

こんにちは!

江戸川不動産情報館です。

 

今日は何の日?

ふっふー♪

 

☆旅券の日☆

外務省が1998(平成10)年に制定。

1878(明治11)年の2/10、「海外旅券規則」が外務省布達第1号として制定され、

「旅券」という用語が日本の法令上初めて使用された。

それまでは、「御印章」「海外行免状」と呼んでいた。

 

「旅券」といえば「パスポート」の事ですが

パスポート自由度ランキングなるものがあるそうです。

 

コンサルティング会社のヘンリー&パートナーズは、2017年版の「ビザ(査証)規制インデックス」国別ランキングを発表した。国籍により、世界各国への入国に課される査証制限をもとに、海外渡航の自由度を指標化したもの。

それによると、ビザなしで入国できる「パスポートの自由度」1位は昨年に続きドイツ。

日本は昨年と同じ5位だった。

 

ビザなしで入国できるパスポート自由度トップ10は以下のとおり。

 

ビザ制限インデックス順位トップ10

1位  ドイツ

2位 スウェーデン

3位 デンマーク

3位 フィンランド

3位 イタリア

3位 スペイン

3位 米国

4位 オーストリア

4位 ベルギー

4位 フランス

4位 ルクセンブルグ

4位 オランダ

4位 ノルウェイ

4位 シンガポール

4位 英国

5位 アイルランド

5位 日本

5位 ニュージーランド

6位 カナダ

6位 ギリシャ

6位 ポルトガル

6位 スイス

7位 オーストリア

7位 韓国

8位 アイスランド

9位 チェコ

10位 ハンガリー

10位 マルタ

 

ノービザ(査証免除待遇)での入国が可能な国家の数を1国につき1点で点数化(ビザ規制指数)して順位を決定し、その国家の国際的地位が分かるという。

国家の発展が遅れており、民主的でなく、武力衝突やテロリズムの発生する危険が高い国ほど、ビザは免除されにくいといわれる。

 

とのことです。

毎日色々な記念日がありますね!

 

さてさて、本日は相場についてです。

お付き合い下さいませ。

2018年1月度の

不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年1月度の不動産流通市場動向が発表されました。

以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください。

 

○東京都

 1 月の東京都区部は74.34 万円/㎡と前年比で5.3%上昇し、12 年10 月から64 ヶ月連続で前年同月を上回った。多摩は39.05 万円/㎡で前年比マイナス0.1%と、ほぼ横ばいながら前年同月を下回った。

 

○神奈川県

 1 月の横浜・川崎市は46.95 万円/㎡と前年比で2.9%上昇し、16 年6 月から20 ヶ月連続で前年同月を上回った。神奈川県他は29.40 万円/㎡で前年比マイナス12.8%の2 ケタ下落となった。

 

○埼玉県・千葉県

 1 月の埼玉県は30.77 万円/㎡と前年比で3.9%上昇し、3 ヶ月連続で前年同月を上回った。千葉県は28.66 万円/㎡と前年比で8.8%上昇し、4 ヶ月ぶりに前年同月を上回った。

 

◆公益財団法人東日本不動産流通機構

 『月例報告 Market Watch サマリーレポート 2018年1月度』

 http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/mw_201801_summary.pdf

 

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!

 

江戸川不動産情報館 

 Kin-Shoエステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

損をしない家の買い方 新常識 賢い不動産購入術 セミナー募集中!
買ってはいけない物件を自分で簡単チェック SelFin 無料アプリ