「住宅ローン控除」を受けるには確定申告が必要!江戸川不動産情報館

こんにちは!

江戸川不動産情報館です!

 

皆様、月曜日の雪の影響で、お仕事等々、生活に影響はありませんでしたか?

 

交通機関や物流など、様々な所に支障が出てきていますね。

江戸川区もそうですが、東京23区は東北地方の雪国と違い、年に何度も雪が積もる訳ではありませんので準備も中々難しい所です。

 

弊社では、4年前の大雪の際に、江戸川区の管理物件の屋上の排水口に雪が詰まり

その後に大雨が降った事により、屋上の出入口より雨水が流入してしまいました。

 

対策として、屋上の出入口の外側に囲い壁を作り、段差をつけることによって雨水の流入を防ぐ処置を施しました。

 

細かい事としましては、長靴・雪かきスコップを常備する事にしました。

 

今回の雪の際に、長靴は大活躍しました。

 

「備えあれば憂いなし」とは言ったもんですね。

 

さてさて、本日も情報を発信していきます!

 

お付き合い下さいませ。

 

住宅ローン控除を受ける際の注意点!

家を買って住宅ローン控除を受ける場合、また一定要件に合うリフォームをして所得税の控除を受ける場合(リフォーム減税)は、購入・入居した年の翌年1月以降に「確定申告」をする必要があります。

 

今回は、確定申告をどうやってやればいいのかの手順をご紹介します。

◆確定申告の時期

住宅ローン控除などを受けるための「確定申告(還付申告)」は、会社員の場合、購入・入居した年の「翌年1月から3月15日まで」に行います。(自営業者など毎年確定申告を行っている方は、2月16日~3月15日の一般の申告と合わせて行う)。

確定申告によって還付されるお金は、約1カ月後に指定口座に振り込まれます。早くやればやるほど、早く税金の還付を受けることが出来ます。

STEP1.必要な書類をそろえる

確定申告に必要な書類(例)は以下のとおり。契約書のコピー、住民票、源泉徴収票など必要な書類は、購入した年のうちにそろえておくと、確定申告書の作成がスムーズにできます。

※なお、土地を買って家を建てる場合のタイミングによっては、別途書類が必要なケースもある。

1. 確定申告書(A書式)

国税庁のサイトからプリントアウトするか、最寄りの税務署に行って入手する。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h29/01.pdf

 

2.(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書

国税庁のサイトからプリントアウトするか、最寄りの税務署に行って入手する。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h29/05.pdf

 

3. 源泉徴収票(会社員などの場合)

会社員など給与所得者は、勤務先から「家を買った年」の源泉徴収票を入手する。

 

4. 住民票の写し

住宅ローン控除を受ける人の「購入した住居の住所地の住民票」の写し。市町村の役所で入手する。夫婦で住宅ローン控除を受ける場合は、夫婦それぞれ必要。

 

5. 住宅ローンの「年末残高証明書」

住宅ローンを借り入れた金融機関から送付される。2種類以上のローンを借りるときはすべて必要。

 

6. 建物・土地の不動産売買契約書・工事請負契約書のコピー

土地を買って家を新築する場合は、「土地の売買契約書」と「建物の工事請負契約書」のコピーが必要。

 

7. 建物・土地の登記事項証明書

購入した住宅の住所地を管轄する「法務局」で入手する。

 

8. そのほかの書類が必要なケース

認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、一定の耐震基準を満たす中古住宅は、それぞれを証明する書類のコピーが必要。

STEP2.確定申告書に記入し、提出する

STEP1で用意した3.~8.の書類を見ながら、まず2.の「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」を作成します。

必要事項を記入しながら、住宅ローン控除額の計算ができる。2.が完成したら、1.の「確定申告書(A様式)」に記入(確定申告書はパソコンでも作成できます)。確定申告書が完成したら、必要書類を添付して住所地を管轄する税務署に提出する(郵送もできます)。地域ごとに管轄の税務署が決まっているので注意が必要です。

https://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

 

2年目以降の手続きは、「年末調整」で

▼【会社員などの給与所得者】は、

購入の翌年に確定申告して住宅ローン控除の適用を受けると、2年目以降については「年末調整」で手続きできます。年末調整では主に以下の書類が必要。

 

1.給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書等

住宅ローン控除の確定申告をすると(※)、税務署から、2年目~10年目の控除の手続き用に9枚まとめて送られてくるので、なくさないように注意が必要です!

 

2.住宅ローンの「年末残高証明書」

金融機関から毎年送付される。2種類以上のローンを借りている場合は、その全ての証明書が必要

 

▼【自営業者などの場合】は、

先に紹介した「確定申告の手順」と同じ書類への記入をして、「住宅ローンの年末残高証明書」を添付し、期日中に税務署に提出になります。

 

3月15日に近づけば近づくほど、税務署は混雑します。

早い今の時期から確定申告を終わらせておきましょう。

 

江戸川不動産情報館 

Kin-Shoエステートエージェント 金野 秀樹(こんの ひでき)

買ってはいけない物件を自分で簡単チェック SelFin 無料アプリ